東京主僕教会の最近の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

説教本文

2019年1月13日礼拝説教

「あなたはわたしの愛する子」ルカ3・21-22 私たちは2019年の新しい歩みを始めています。先ほど読んでいただいたルカによる福音書には、ベツレヘムでお生まれになり、ナザレでお育ちになったイエス様が本格的に神さまのことを伝えていく新しい歩みを始め…

2018年1月6日礼拝説教

「神に喜ばれるように仕えていこう」ヘブライ12・25-29 今朝は2019年の最初の主日礼拝、新年礼拝です。先ほど、ヘブライ人への手紙12章25節から29節を読んでいただきました。この新年礼拝にあたって特にご一緒に聞きたい聖書のみ言葉が28節のみ…

2018年12月30日礼拝説教

「あなたの救いを見た」ルカ2・22-35 先ほど、讃美歌21の469番の『善き力にわれかこまれ』を歌いました。この歌詞に『1 善き力にわれかこまれ、守りなぐさめられて、世の悩み共に分かち、新しい日を望もう』とありますが、「新しい日」とあるよう…

2018年12月24日キャンドル・サービス メッセージ

<キャンドル・サービス・メッセージ> 2018.12.24 今年の5月、本屋大賞を受賞した『かがみの孤城(こじょう)』という辻村深月(つじむらみづき)さんの小説があります。主人公の安西こころは、入学早々、いじめを受け、不登校になった中学1年生です。

2018年12月23日礼拝説教

「光の道がひらかれる」ヨハネ1・1-14 今年1年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が京都の清水寺で発表されました。それは「災害」の「災」という言葉でした。今年は西日本豪雨や北海道の地震、台風、猛暑といった自然災害によって多くの人が被災したこ…

2018年12月16日礼拝説教

「主はあなたのゆえに喜び楽しむ」ゼファニヤ3・14-20 教会では今、クリスマスにイエス・キリストを心に迎えていく準備をしながら、同時にそのイエス・キリストが終わりの時に再び来てくださることを待ち望んでいく待降節の日々を過ごしています。

2018年12月9日礼拝説教

「あなたたちが待望している主」マラキ3・1-5 (合同礼拝) 先ほど読んでいただいたマラキ書の3章1節はヘンデルの「メサイア」に出てくる聖句の一つです。一年の歩みが終わりに近づき、クリスマスの時期が近づいてくると、ヘンデル作曲のオラトリオ「メサ…

2018年12月2日礼拝説教

「主は我らの救い」エレミヤ33・14-16 2018.12.2 今朝の礼拝から今年の待降節の礼拝が始まりました。「待降節」という言葉は漢字からすると「主の御降誕を待つ季節」と読めますが、もともとのラテン語の言葉はアドベントゥス、「到来」を意味する言葉です。

2018年11月25日礼拝説教

「人生を生きるための祈り」詩編90編 来週の12月第1の日曜日から待降節の礼拝を迎え、この1年の歩みも終わりに近づいています。年をとればとるほど、ますます時の流れを早く感じるようになりました。過ぎ行く時の流れを感じ、人生の短さ、はかなさも思わざる…

2018年11月18日秋の特別礼拝説教

「信仰と希望と愛」コリント一13・1-13 今、テレビで池井戸潤の原作小説がドラマとなった『下町ロケット』というドラマが放映され、話題となっています。主人公は元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が…

2018年11月11日礼拝説教

「神の愛のまなざしの中で」マルコ12・38-44 東京主僕教会は来週、秋の特別礼拝と音楽コンサートの時を持ち、神さまの伝道のみ業に仕えていく時として祈り、備えてきました。この時代に伝道していくために福音への確信が必要です。今朝、この聖書の箇所から…

2018年11月4日礼拝説教

「喜びと祈りと感謝に生きる」召天者記念礼拝 テサロニケ一5・16-18 今朝の礼拝は、召天者記念礼拝です。先にこの地上での生涯を終え、天の父なる神様の御許に召された方々を覚えて、礼拝をささげています。

2018年10月21日礼拝説教

「仕えられるためではなく、仕えるために」マルコ10:35-45 先日の水曜日から金曜日、札幌で私たちの教会が属する日本キリスト教会の大会の会議が開かれました。毎年大会の二日目の朝には、短い時間ですが、「逝去教師記念会」が行われます。大会から…

2018年10月14日礼拝説教

「永遠の命を受け継ぐには」マルコ10:17-31 私が一年に一度思い出したように見る映画の一つに『千と千尋の神隠し』という宮崎駿監督の映画があります。主人公の千尋が不思議な世界に迷い出て、最後に日常の人間世界へもどる話です。その話には「カオ…

2018年10月7日礼拝説教

「神を仰ぎ見る」ヨブ記42章1-6節 今年1年、礼拝では月に一度、旧約聖書の信仰者の祈りを取り上げてきましたが、今朝はヨブの祈りを読んでいただきました。私が神学校に入学した時、牧師であった父親から贈られた本のなかに苦難について書かれた本があ…

2018年9月30日礼拝説教

「天を裂いて降ってください」イザヤ63・7-19 今年、教会では祈りをテーマに学んできましたが、礼拝でも月に一度、特に旧約聖書の祈りを取り上げてきました。今朝の礼拝ではイザヤ書63章の「天を裂いて降ってください」という、大変切実なイザヤの祈…

2018年9月23日礼拝説教

「後になることの幸い」マルコ9・30-37 先週の日曜日の夕方から月曜日にかけ、東京中会の高校生部、青年部、女性部合同の信徒の集いが横浜海岸教会で開かれました。その会では日本最初のプロテスタントの教会である横浜海岸教会で、

2018年9月16日礼拝説教

「たとえ全世界を手に入れても」マルコ8・27-38 「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか」。この聖書のイエス様の言葉を読むと、自分は全世界を手に入れようと思った…

2018年9月15日礼拝説教

「神の武具を身に着けて」エフェソ6:10-20 これまでの1週間を振り返ると、言葉を失ってしまう大きな災害が起こったことを思わずにはいられません。9月4日の台風21号はご存知のように西日本に大きな被害をもたらしました。

2018年9月2日礼拝説教

「神への賛美と感謝に生きる」エフェソ5:15-20 本日は教会創立61周年の記念の礼拝です。しかし、この礼拝を前にして、先週の8月27日の月曜日、30年近く教会生活を共にしてきた会員の方がご病気のために逝去され、葬儀が執り行われました。

2018年8月26日礼拝説教

「神の愛に導かれて」エフェソ4:25-5:2 先週、上野の東京国立博物館で行われていた特別展「縄文―1万年の美の鼓動」の展示を見に行ってきました。旧石器時代後のおよそ1万3000年前から約1万年もの間続いた縄文時代に作られた土器や土偶、身の周りの装飾品…

2018年8月19日礼拝説教

「神の愛によって造り上げられる」エフェソ4:1-16 私が時々思い出す先輩牧師の言葉があります。それは「教会の意義についていつも考えていないといけないよ」という言葉です。この地域にあって、この災害や戦争、事件、様々なことが起こってくる時代、社会…

2018年8月12日礼拝説教

「善と悪を判断できる知恵と心」列王記上3:4-15 この8月の礼拝でソロモンの祈りを取り上げるのは、この「ソロモン」という名前には「平和」という意味があるからです。この8月は平和について考える機会を与えられていますが、このソロモンを通して、平和…

2018年8月5日主日礼拝説教

「キリストはわたしたちの平和」エフェソ2:11-22 この8月は戦争と平和の問題について考える機会を与えられる時です。人は誰でも平和を望んでいます。それにもかかわらず、なかなか平和な世界は実現しません。その様々な理由をあげることができるかもしれ…

2018年7月29日礼拝説教

「涙を数えてくださる神」イザヤ38:1-22 先ほど読んでいただいたイザヤ書38章にヒゼキヤという人物の祈りがあります。この祈りは旧約聖書の祈りという時によく取り上げられる祈りの一つです。しかし、涙を大いに流しながら祈った祈りは「死の病」に…

2018年7月22日礼拝説教

「神の栄光をたたえるため」エフェソ1:3-14 今朝から9月第2の日曜日までの礼拝では、月に一度は祈りについての旧約聖書の箇所を取り上げますが、エフェソの信徒への手紙から少しずつ聞いていくことにしています。この手紙が書かれたのは伝承では紀元…

2018年7月15日礼拝説教

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10 先ほど読んだ聖書のコリントの信徒への手紙のみ言葉の最後に不思議な言葉があります。「わたしは弱い時にこそ強いからです」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。

2018年7月8日礼拝説教

「神の豊かさに生きる」コリント二 8:7-15 今日の聖書のみ言葉に「恵み」という言葉がでてきます。私たちの人生には与えられている様々な「恵み」と呼ばれるものがあります。天の恵み、地の恵み、自然の恵み、太陽の恵みや雨の恵み。あるいは、他にも…

2018年7月1日礼拝説教

「パウロの逆転の発想」コリント二 6:1-13 ワールド・カップのサッカーが行われて話題になっていますが、「逆転の発想」、「発想の逆転」という言葉をサッカー選手の口から少なからず聞いた時があります。「逆転の発想」という言葉はテレビでもよく耳…

2018年6月24日礼拝説教

「人生の原点」ヨナ書2章1-11節 先ほど読んだ旧約聖書にはユダヤ民族に重点をおいた歴史が描かれています。ともすれば、ユダヤは善であり、他の民族は悪のように、神の敵のように見られるかもしれません。けれども、決して神の敵ではありません。旧約聖書に…