東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

説教要約

2018年9月16日礼拝説教要約

「たとえ全世界を手に入れても」マルコ8:27-38「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか」。考えてみると、この言葉は私たちも人生の危機に直面する時、痛感すること…

2018年9月9日礼拝説教要約

「神の武具を身に着けて」エフェソ6:10-20 これまでの1週間、言葉を失ってしまうほどの大きな災害が起こりました。9月4日の台風21号はご存知のように西日本に大きな被害をもたらしました。そして、9月6日未明には「北海道胆振東部地震」が発生しまし…

2018年9月2日礼拝説教要約

教会創立61周年記念礼拝 「神への賛美と感謝に生きる」エフェソ5:15-20 本日は教会創立61周年の記念の礼拝です。しかし、この礼拝を前に前にして、先日の月曜日、30年近く教会生活を共にされてきた姉妹が病気のため召されました。姉妹は最後までこの教…

2018年8月26日礼拝説教要約

「神の愛に導かれて」エフェソ4:25-5:2 上野の東京国立博物館で行われていた縄文展を見に行ってきました。旧石器時代後のおよそ1万3000年前から約1万年もの間続いた縄文時代に作られた土器や土偶、身の周りの装飾品などが展示されていました。その一つ一…

2018年8月19日礼拝説教要約

「神の愛によって造り上げられる」エフェソ4:1-16 私が時々思い出す先輩牧師の言葉の人は「教会の意義についていつも考えていないといけないよ」という言葉です。この地域にあって、災害や戦争、事件、様々なことが起こってくる社会にあって、教会にどんな…

2018年8月12日礼拝説教要約

「善と悪を判断できる知恵と心」列王記上3:4-15 「平和」という意味のある名前であるソロモンは三代目の統一王国の王でした。けれども、平和に順調に生まれ育ち、人々から歓迎されて王になったのではありません。むしろ、政治の権謀術数が渦巻いている中で…

2018年8月5日主日礼拝説教要約

「キリストは私たちの平和」エフェソ2:11-22 8月は戦争と平和の問題について考える機会を与えられる時です。なかなか平和な世界が実現しない理由。その大きな根本的原因の一つは「敵意という隔ての壁」にあります。平和はそれを取り壊されることから…

2018年7月22日礼拝説教要約

「神の栄光をたたえるため」エフェソ1:3-14 この手紙が書かれた時代、小アジアのエフェソは、ローマ帝国のアジア州の首都であり、交通の要路として、港湾都市・商業として栄えていました。そこにはアルテミス神殿という大きく美しい神殿もあり、女神が豊…

2018年7月15日礼拝説教要約

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10 「わたしは弱い時にこそ強い」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。人より強ければ、勝つことで喜びと栄誉を手にできますが、弱い者は負けると恥ずかしさを味わい、屈辱さえ感じます。…

2018年7月8日礼拝説教要約

「神の豊かさに生きる」コリント二 8:7-15 この世の中には、自然の恵み、人の恵み、地の恵みなど、様々な恵みをあげることができるかもしれません。けれども、人生の歩みのなかで、恵みが分からなくなることがあるのです。病気や事故、事件、自然の災害など…

2018年7月1日礼拝説教要約

「パウロの逆転の発想」コリント二 6:1-13 聖書には発想の逆転が満ちています。そこからポジティブに物事を見て生きていく思考が溢れています。それがキリスト教信仰の一つの特徴でもあります。この手紙を書いたパウロという人も発想の逆転をもって生涯を歩…

2018年6月24日礼拝説教要約

「人生の原点」ヨナ2:1-11 ヨナはかつてユダヤの地方の北部を滅ぼしたアッシリア帝国の首都「ニネべに行くように」と神に言われると、この神に背き、逃亡していきます。船に乗り込み、嵐になると、海の中に投げ込まれ、深い海に沈んでいきます。ヨナはひた…

2018年6月17日礼拝説教要約

「だから、今日希望がある」コリント二5:1-10「だから、今日希望がある」という歌があります。この歌はアルゼンチンで、1976年から1983年の間、独裁政権のもとで子どもたちが失踪し、相次いで行方不明となっていく不安、絶望的な状況の中で、1979年に作られ…

2018年6月10日礼拝説教要約

「日々新たにされて」コリント二4:16-18 パウロは、4章1節と16節で「落胆しません」と繰り返して語っています。そのように繰り返し自分に言い聞かせ、人々に語るほどに、パウロの人生には、落胆してしまう様々な出来事がたくさん起こっていました。

2018年6月3日礼拝説教要約

「土の器の中の宝」コリント二4:7-15 先日のある新聞で棋士の加藤一二三さんが『レ・ミゼラブル』を紹介する記事があり、その小説にあらわれる憐れみや慈しみに感銘を受けたという記事がありました。

2018年5月20日聖霊降臨日礼拝説教要約

「神に執り成してくださる聖霊」ローマ8:18-27 ペンテコステに弟子たちに送られた聖霊が今私たちにも送られて、聖霊を受けているということはどういうことでしょうか。この箇所に繰り返し「うめき」という言葉がでてきます。神さまによって造られた自…

2018年5月13日礼拝説教要約

「悪い者から守ってくださるように」ヨハネ17:11-19 ドイツの有名な画家アルブレヒト・デューラーの「祈りの手」という作品があります。両手を合わせた手首だけの絵ですが、このような逸話があります。デューラーは若い頃大変貧乏で、友人と二人で絵の修業…

2018年5月6日礼拝説教要約

「モーセの祈り」民数記14・11-19 民数記には映画の「十戒」でもおなじみの「モーセ」が登場します。しかし、決して悩みや苦しみがなかった人ではありません。モーセは「真ん中の人」と呼ばれることがあります。

2018年4月29日礼拝説教要約

「アブラハムの祈り」創世記18・16-33 「祈り」は信仰生活の中心であり、神を信頼して神と対話していくことだと言われてきました。初めは、誰もが「祈ろう」と思っても、何をどう祈ればよいのか分かりません。信仰生活が長い人も何をどう祈ればよいの…

2018年4月22日礼拝説教要約

「わたしがあなたがたを愛したように」ヨハネ15・11-17 三浦綾子さんの作品『塩狩峠』は、明治時代の北海道に生きる鉄道員の32歳の青年が主人公です。名寄駅から札幌に向かう列車が塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走を始めます。

2018年4月15日礼拝説教要約

「命を豊かに受けるために」ヨハネ10・11-18 先日、テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」や映画「火垂(ほた)るの墓」などを手がけたアニメ監督で知られている高畑勲さんが逝去されたニュースがありました。この高畑監督の作品には、丁寧な生活描…

2018年4月8日礼拝説教要約

「あなたがたに平和があるように」ヨハネ20・19-23 C.S.ルイスが書いた『ナルニア国物語』の「ライオンと魔女」に王のアスランというライオンが登場します。

2018年4月1日復活祭礼拝説教要約

「どんな希望があるのか」ヨハネ20・1-18 中島みゆきさんという歌手の1975年にヒットした「時代」という有名な曲があり、今でもこの曲が流れています。「今はこんなに悲しくて、涙も枯れ果てて、もう二度と笑顔には、なれそうもないけど、…まわるまわ…

2018年3月25日礼拝説教要約

「なぜ、わたしをお見捨てになったのか」マルコ15・33-41 「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」。この言葉ほど、心に強い印象を残すご受難の時の言葉はありません。キリスト教が十字架で死んだイエスを救い主として信じるのであ…

2018年3月18日礼拝説教要約

「十字架につけよ」マルコ15・1-15 キリスト教と十字架は切り離すことのできないシンボルのようになっていますが、主イエスの十字架の死とセットのように覚えられてきたのが『使徒信条』にもでてくる「ポンティオ・ピラト」という人物です。

2018年3月11日礼拝説教要約

「ペトロのあやまち」マルコ14・66-72 最近放映されている『anone』というドラマは、家もなく家族からも見捨てられた孤児の女の子が主人公の物語です。

2018年3月4日礼拝説教要約

「ゲッセマネの祈り」マルコ14・32-42 「わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」。この祈りの言葉を読む時、自分の気持ちを正直に率直に祈り、願い求めてはいけないのかと思えます。自分の気持ちを素直に打ち明け、自分の気持…

2018年2月25日礼拝説教要約

「神のゆるしの愛」マルコ14・12-26 「相田みつを」という方の『生きていてよかった』という詩集がありますが、2003年に出版されて以来、多くの人に読まれています。「生まれてきてよかった」、「生きていてよかった」、「人生は祝福されている」。そ…

2018年2月18日礼拝説教要約

「ナルドの香油」マルコ14・3-9 冬季オリンピックのフィギュアスケートで羽生結弦選手が前回に続いて金メダルをとりました。羽生選手は小さい頃から憧れだった選手と会うたびに「今、君が出来ること、持っている能力を全部出して見せなさい」と言われた…

2018年2月11日礼拝説教要約

2018年2月11日 主日礼拝 説教要約 「大切なことは目に見えない」マルコ2・1-12 誰もが「大切なものは目に見えない」(『星の王子さま』)と言われて育ってきました。しかし、成長し、受験して、仕事をしていくと、いつの間にか、人からは目に見…