読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

心に響く聖書の言葉(6)

(聖書引用は日本聖書協会発行 「新共同訳聖書」 によっています)


ヨハネによる福音書8章32節
あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。

 

◆コリントの信徒への手紙二 1章4節
神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます。

 

◆詩編50編15節
それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、わたしはお前を救おう。そのことによって/お前はわたしの栄光を輝かすであろう。

 

ルカによる福音書15章20節
そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。

 

◆マタイによる福音書5章44-45節
44 しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。
45 あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。

 

◆ローマの信徒への手紙12章18-19節
18 できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。
19 愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。

 

イザヤ書43章4節
わたしの目にあなたは価高く、貴く/わたしはあなたを愛し/あなたの身代わりとして人を与え/国々をあなたの魂の代わりとする。

 

◆マタイによる福音書6章26節
空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。

 

◆マタイによる福音書6章34節
だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。

 

◆エレミヤ書31章3節
遠くから、主はわたしに現れた。わたしは、とこしえの愛をもってあなたを愛し/変わることなく慈しみを注ぐ。

 

ルカによる福音書6章38節
与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。

 

◆使徒言行録20章35節
あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。

 

◆マタイによる福音書25章35-40節
35 『お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、
36 裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』
37 すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。
38 いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。
39 いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』
40 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』

 

◆詩編37編5節
5 あなたの道を主にまかせよ。信頼せよ、主は計らい
6 あなたの正しさを光のように/あなたのための裁きを/真昼の光のように輝かせてくださる。

 

◆使徒言行録5章29節
ペトロとほかの使徒たちは答えた。「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。」

 

ヨハネによる福音書12章24節
はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

 

◆マタイによる福音書5章39節
しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。

 

◆コリントの信徒への手紙一12章21-22節
21 目が手に向かって「お前は要らない」とは言えず、また、頭が足に向かって「お前たちは要らない」とも言えません。
22 それどころか、体の中でほかよりも弱く見える部分が、かえって必要なのです。

 

◆マタイによる福音書20章26-27節
26 しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、
27 いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。

 

◆エフェソの信徒への手紙4章26節
怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。

 

◆マタイによる福音書26章52節
そこで、イエスは言われた。「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。」

 

◆ローマの信徒への手紙12章21節
悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。

 

ヨハネによる福音書15章13節
友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

 

◆エフェソの信徒への手紙4章31-32節
31 無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなどすべてを、一切の悪意と一緒に捨てなさい。
32 互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。

 

ヨハネによる福音書8章7節
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」

 

◆コリントの信徒への手紙一15章54-55節
54 この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。
55 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」

 

ヨハネによる福音書11章25節
25 イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。」

 

◆ペトロの手紙一 1章24-25節
24 こう言われているからです。「人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。
25 しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。」これこそ、あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです。

 

◆マタイによる福音書4章4節
イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。」

 

◆マルコによる福音書2章17節
イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」

 

ヨハネによる福音書14章6節
イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」

 

ルカによる福音書22章32節
しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。

 

イザヤ書63章8-9節
8 主は言われた/彼らはわたしの民、偽りのない子らである、と。そして主は彼らの救い主となられた。

9  彼らの苦難を常に御自分の苦難とし/御前に仕える御使いによって彼らを救い/愛と憐れみをもって彼らを贖い/昔から常に/彼らを負い、彼らを担ってくださった。

 

広告を非表示にする