東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年4月16日 復活祭礼拝説教

「あの方は死者の中から復活された」マタイ28:1-10 

 

 今朝、世界の教会でイエス様が復活されたことをお祝いするイースターの礼拝が守られています。「急いで行って、弟子たちに告げなさい。あの方は死者の中から復活された」。この知らせが2000年の間、世界中に伝えられ、神さまの導きのなかで今ここにいる私たちに告げられています。イエス様の復活はキリスト教の教会が信じてきた福音の中心です。けれども、

 

 聖書にあるように、そのご遺体が納められていた墓、当時の墓は横穴でしたが、その墓の入口を塞ぐ大きな石が地震と共に転がされ、天使が降って座る、さらにイエス様が復活されたという出来事は、本当だろうかと思えても不思議ではありません。しかし、このイエス様の復活をめぐる出来事が作り話ではないと思えることも記されています。

 

 イエス様が復活し、その遺体の置いてあった場所が空になっていることの重要な証人が女性達だったということです。この女性達はマタイによる福音書だけではなく、マルコやルカ、ヨハネによる福音書にも省かれずにでてきます。このことは当時のパレスチナの記録では決してないことでした。今とは違って当時の法廷では女性の証言は信頼あるものとは認められなかったからです。そのことは当時の人々なら誰でも知っていたのです。もし信じてもらうための作り話であるならば、女性を証人としては登場させません。だとするなら、この女性達は初めからこの出来事に関わっていたと言えるのです。この人々が経験したイエス様の復活の福音の喜びが伝えられているのです。イースターは特に女性達の喜びの時、祝いの時であるとさえ言われるのです。


 1節「さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に」とあります。当時の安息日は土曜日でした。金曜日の日没と共に安息日が始まり、土曜日の日没までが安息日でした。イエス様は金曜日に十字架にお架かりになり、死なれ、埋葬されました。土曜日、これまでイエス様を慕って従ってきた女性達はイエス様が無残な仕方で死んでしまい、その悲しみの中で何もしてはいけない土曜日の安息日を過ごしました。その安息日が終わると、我慢できないように、東の方の空が明るくなり始める頃、朝の4時半か5時頃、家を出て、イエス様の墓へ行ったのです。愛する者を失った悲しみ、全てが終わってしまったかのような虚しさ、喪失感に包まれ、それでもイエス様にすがるように墓へ向かったのです。

 

 しかし、この女性達が思いがけず、イエス様が復活されたことの証人となります。当時、このように証人としては信頼されていなかった女性達が復活の最初の証人となることには大きな意味があります。信頼に足る者ではなく、価値がないとみなされている者、軽蔑されているもの、そのように自分を思っている者。弱い者、無力な者、惨めさを痛感している者。神さまはそのような者を愛し、選び、受け入れ、用いられる神であるということです。聖書の御言葉にはパウロという人の慰め深い言葉があります。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」。何かの病を抱えている。どうしてもそれを取り除いてもらいたい、苦しみの極みの中で与えられた神さまの言葉です。自分の力のなさ、無力さ、弱さ、惨めさを痛感する。何かに失敗する時。うまくいかない時。病の時、体の老いを覚える。どうにもならない現実がある。けれども、全ては終わりだと思える時に私たちを守り、導いていく神さまの恵みがあります。イエス様を通してこの弱さ、無力さの中にある者を受け入れ、用いる神さまの恵みがあるのです。


 この恵みがあらわれていくのが今日の箇所で繰り返し出てくる言葉です。5節で天使が婦人たちに語り、10節で今度はイエス様が再び念を押すように言われた「恐れることはない」という言葉です。地震が起こり、天使が降り、何か恐ろしい出来事が起こったからではありません。イエス様が復活されたことのゆえに、死もどんなものも恐れる必要はなくなったからです。天使は「かねて言われたとおり、あの方は復活された」と言いました。かつてイエス様は三度、「人の子は人々の手に引き渡されようとしている。そして殺されるが、三日目に復活する」と復活を約束されていました。神さまはこの約束を実現されたのです。「復活なさった」とある言葉は正確には「復活させられた」という言葉です。自分の力で復活したのではなく、父なる神様が私たちのためにイエス様を復活させたのです。

 

 私たちは神さまによってこのイエス様に結ばれ、キリストの命、神と共に生きる永遠の命を与えられています。そして終わりの時、イエス様と同じように父なる神様によって復活させられるのです。私たちは地上の人生において様々な困難、苦しみや悲しみ、嘆きを抱えて、問題を抱えています。そしてやがて死を迎えます。死が私たちのすべてを飲み込んでしまう現実があります。けれども、その死は既にイエス様の復活によって打ち破られています。復活の命が死に打ち勝ち、私たちを飲み込んでいます。私たちに永遠の命をを与える神様が私たちを愛し、私たちを守り、導いてくださいます。だから「恐れることはない」のです。何があっても、それで終わりにはなりません。肉体の死でさえ終わりではありません。昔の有名な詩人の言葉にあるように「最善は常に未来にあり」と、どんなことがあっても希望があり、恐れる必要はないのです。


 天使は「あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお目にかかれる」と約束し、イエス様も「ガリラヤへ行くように。そこで私に会うことになる」と約束されました。女性達はこのイエス様の足を抱いています。自分が生まれ育った場所、かつてイエス様との出会い、イエス様と共に歩む人生が始まった場所。そのガリラヤに行って、イエス様に出会う時、28章の最後の御言葉にあるように、イエス様が世の終わりまでいつも共にいることを経験します。主の御言葉は決して裏切ることのないことを知るのです。そしてイエス様の足を抱いてイエス様を捕えていたと思っていた自分が、このイエス様に出会い、反対に、これまでも今もこれからもイエス様に捕らえられ、人生の全てが神さまの愛の中にあることを知るのです。私たちも自らのガリラヤに赴く時、人生の始まりからイエス様に捕らえられ、神さまに愛され背負われていることを知るのです。「死も、命も、…現在のものも、未来のものも、…他のどんなものも、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から私たちを引き離すことはできないのです」。イエス様を否定し見捨てた弟子たちはこの後、イエス様に赦され、神の愛する子供として、愛をもって仕える者として変えられていきます。神の愛が終わりの時に私たちとこの世界の全てを完成して下さいます。


 今年の一月の半ばから遠藤周作の小説『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督によって映画化され、上映されました。この映画にはアメリカの日系人でクリスチャンの現代美術の専門家で「藤村まこと」(Makoto Fujimura)という人が関わって協力しています。最後の字幕にその名前が登場します。この方が『沈黙』に注目してきたのは、神に嘆かざるを得ない世界の現実、9・11や災害、様々な痛みと苦しみのある世界、グランドゼロを『沈黙』の世界に重ね合わせてみているからです(『沈黙と美』晶文社)。神は決して沈黙して見捨てているのではない。キリストが私たちと一緒に生きて下さっているのです。全ての痛み、苦しみを知って、全てをご自分のものとして担い、引き受けて下さっているキリストが共におられます。「ああ、なんと惨めな存在なのか」と嘆かざるを得ない自分が、神の愛する子とされて神に用いられ、神の命に生かされていく恵みを与えられています。私たちのために苦しまれ、十字架で死なれ、復活したキリストが私たちとこの世界の希望なのです。


 イエス様が復活された日。この日はイエス様を十字架につけた罪と死の力が打ち破られた日です。闇の中に消えることのない光、絶望の中に確かな希望が生まれた日。どんな力も神の愛に打ち勝つことができないことが明らかにされた日です。今朝、復活されたイエス様に私たちも出会っています。死の力に勝利した神の愛に捕えられ、希望の光の中に私たちは包まれています。私たちもこの女性達と共に、希望をもって復活されたイエス様を礼拝し、神の愛をもって仕えていきたいのです。

広告を非表示にする