読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年4月16日復活祭礼拝説教要約

「あの方は死者の中から復活された」マタイ28・1-10

 

 イエス様が復活された出来事は本当だろうかと思えても不思議ではありません。しかし、この出来事が作り話ではないと思えるのは女性達が重要な証人となっているからです。

 

 当時のパレスチナでは、今と違って、法廷で女性の証言が信頼あるものとは決して認められなかったからです。信じてもらうための作り話なら女性を証人としては登場させません。だとするなら、この女性達は初めからこの出来事に関わっていたと言えるのです。この人々が経験したイエス様の復活の福音の喜びが伝えられているのです。


 この女性達が復活の最初の証人となることには大きな意味があります。信頼に足る者ではなく、価値がないとみなされている者、軽蔑されているもの、そのように自分を思っている者。弱い者、無力な者、惨めさを痛感している者。神さまはそのような者を愛し、選び、受け入れ、用いられる神である、ということです。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」。どうにもならない現実があるかもしれません。けれども、全ては終わりだと思える時に私たちを守り、導いていく神さまの恵みがあります。イエス様を通してこの弱さ、無力さの中にある者を受け入れ、用いる神さまの恵みがあるのです。


 「恐れることはない」。地震が起こり、天使が降り、何か恐ろしい出来事が起こったからではありません。イエス様が復活されたことのゆえに、死もどんなものも恐れる必要はなくなったからです。神さまはかねて言われていたイエス様の復活の約束を実現して、私たちのためにイエス様を復活させたのです。私たちは神さまによってこのイエス様に結ばれ、キリストの命、神と共に生きる永遠の命を与えられています。そして終わりの時、イエス様と同じように父なる神様によって復活させられるのです。復活の命が死に打ち勝ち、私たちを飲み込んでいます。どんな時も神様が私たちを愛し、私たちを守り、導いてくださいます。だから「恐れることはない」のです。何があっても、それで終わりではありません。「最善は常に未来にあり」、どんなことがあっても希望があり、恐れる必要はないのです。私たちは自らのガリラヤに赴く時、人生の始まりから主が共にいまし、主に捕らえられ、神さまに愛され背負われていることを知るのです。「どんなものも、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から私たちを引き離すことはできないのです」。


 今年、遠藤周作の『沈黙』が上映されました。この映画にはアメリカの日系人でクリスチャンの現代美術の専門家で「藤村まこと」という人が協力しています。この人は、神に嘆かざるを得ない世界の現実、9・11や災害、様々な痛みと苦しみのある世界、グランドゼロを『沈黙』の世界に重ね合わせてみています。神は沈黙しているのではない。キリストが私たちと一緒に生きて下さっている。全ての痛み、苦しみを知って下さり、全てをご自分のものとして担い、引き受けて、共におられます。「ああ、なんと惨めな存在なのか」と嘆かざるを得ない自分が、神の愛する子とされて、神に用いられ、神の命に生かされていく恵みを与えられています。私たちのために苦しまれ、十字架で死なれ、復活したキリストが私たちと世界の希望なのです。

広告を非表示にする