東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年5月21日礼拝説教

「私たちはみなしごではない」ヨハネ14・15-21  

 

 今朝のヨハネによる福音書のみ言葉はイエス様が十字架の死を前にして、弟子たちに語る14章から16章までの決別説教、告別説教のはじめのほうにあたります。マタイやマルコ、ルカによる福音書には最後の晩餐の食事の後、イエス様のこのような話の記録はありません。しかしそのことをヨハネによる福音書が記録しているということは、それはぜひとも伝えていかなければいけない大事なメッセージであると考えていたとしか思えません。

  これから、復活されたイエス様は天に昇って、弟子たちの前から、目に見える姿ではお目にかかれなくなります。家で小さな子供が親が外に買い物にいく時、不安になって、どこに行くのか、いつ帰ってくるのか、そのことを確かめます。その子供のように、弟子たちがイエス様に聞いているのが先週の1節からのみ言葉であり、そのことについてはっきりと答えを語っているのが今日のみ言葉です。これまで当たり前のように目で見たり話したりしていたイエス様がこれからはいなくなってしまいます。この後、イエス様が十字架で死なれた時、実際に弟子たちは恐怖と不安でいっぱいになり、部屋にこもってしまいました。何が起きてくるのか、これから自分もどうしたらよいのか分からない。何を頼りに何を支えとしていったらよいのか分からなくなってしまう。途方に暮れ、迷子の羊のようになってしまうことも起こったのです。


 それは今イエス様の姿をこの目で見ることはできない私たちと無関係なことではありません。自分に起こってくること、自分の身近に起こってくることで動揺し、心が不安に包まれることがあります。神はおられるのか。孤独を感じ、希望をもつことが難しく思えることがあるかもしれません。けれども、今朝のイエス様のみ言葉はそのような私たちが安心して、勇気をもって生きることができるために語られました。「わたしはあなたがたをみなしごにはしておかない」。このみ言葉は今朝、弟子たちのように、私たちに慰めと希望を与えるためのイエス様のみ言葉なのです。


 しかし、「わたしはあなたがたをみなしごにはしておかない」。このみ言葉はどういうことなのでしょうか。そのことはこのように言われています。「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」。復活されたイエス様が神さまのもとに戻られるにあたって、その目的として言われた大切な言葉です。イエス様の十字架の死と復活は、このためにこそ、あったのだと分かるみ言葉です。イエス様は父のもとに行って弟子たちからは去っていく。けれども、その代わり、イエス様が神さまにお願いして、神さまが遣わしてくださる弁護者としての聖霊が一緒にいてくださるのです。「弁護者」という言葉はもともとのギリシャ語の言葉は、「パラ」、かたわらに、という言葉と、「カレオー」、呼ぶ、という言葉が組み合わされてできた言葉です。傍らに呼ばれる者。私たちの傍らで、17節に「真理の霊」、聖霊は私たちに語りかけ、イエス・キリストへと導き、私たちをキリストによる神の真理の中に連れ出して下さいます。「わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる」。これもよく引用される大事な言葉です。復活のイエス・キリストが今も生きておられる。そしてこの復活されたイエス・キリストと共に、私たちも今生きているし、これからも連なって背負われて生きる。キリストの死と命にあずかっていく救いを与えられています。この真理へと聖霊は導いてくださいます。この弁護者、傍らに呼ばれる者、という言葉は他の聖書の箇所では慰めるとも訳されます。聖霊が共にあり、御子イエス・キリストへといつも導き、私たちを慰め、助けてくださるのです。


 この聖霊の働きについてパウロは執り成しと言っています。ローマの信徒への手紙の8章には私たちを助けてとりなしてくださる聖霊の働きが語られています。苦しみの時、神も仏もあるものかと思えますが、不思議なことに、聖書によれば、苦しみにあっている時にこそ聖霊が共にいてくださる、神が確かに共にいてくださることを最も確実に期待できるのです。ローマの信徒への手紙の8章18節から次のように言われています。全ての被造物は罪と死の力の影響を受けて、この世界にあって虚無に服し、解放の日を待ち望んで、共にうめいている。そして、聖霊を送られている私たちもうめきながら、苦しみながら、神の子とされること、体の贖われることを待ち望んでいます。苦しみの中で私たちはどう祈るべきか分からない。けれども、霊自らが言葉に表せないうめきをもって取りなしてくださる。そのような形で助けて下さっている。全世界も私たち一人一人もこの聖霊の働きの中にあるのです。私たちはこの神さまの愛からどんな時も引き離されることはありません。


 この箇所を読むと、もうすでに召された教会員の方ですが、祈祷会の奨励で一度ならずこの箇所のみ言葉からおすすめされたことを思い出します。それは特にローマの信徒への手紙の8章26節、聖霊は「弱い私たちを助けてくださいます」、助けるという言葉を繰り返して取り上げておられました。この「助ける」という言葉は、ギリシャ語の言葉は、共に、代わって、取る、という言葉です。このことを繰り返して嬉しそうに語られていたのです。私たちの弱さを共にしてご自分のものとしてとり、担って、私たちを父なる神に執り成し、私たちを弁護して助けてくださっている。その方は、その聖霊の働きを信じる時、慰められ、助けられていたと思えるのです。


 ある重い病を経験した年配の先生が、このように書いていました。「診察を受けた医師から体の異変を知らされた時、もともとは楽天的で、しかし本心は小心者の自分は、「どうにかなるさ」という気持ちと「一体どうなるのだろうか」という不安の思いに交互に襲われて、心が揺れ動き、恐れを感じた。「こんな体たいらくでは牧師は失格だな、いや信仰者としても失格だな」と思ったそうです。けれども、この聖書の箇所を読むうちに、「いやそれでいいんだ。だからこそ、弁護者が共にいてくださり、励ましと慰めを与えて助けてくださっているんだ、と思えるようになった」というのです。


 イエス様が父なる神にお願いして聖霊を送ってくださる約束は無条件です。イエス様の聖霊を与えてくださる約束は、心の揺るがない弟子たちではなく、反対に「心を騒がせるな」と言われた弟子たち、動揺し、不安になり、恐れをもつ弟子たちに与えられました。もう一人の弁護者とはイエス様です。イエス様は私たちの全てを決定的に担い引き受けて私たちのためにとりなし救いへと導いてくださっています。同じように、聖霊はどんな人であっても愛し、受け入れ、永遠に共にいて、助けて、神さまへと導いて下さいます。


 先週、草間彌生という画家の「わが永遠の魂」という美術展に行ってきました。小さい頃から幻聴に悩み、それを絵にしだしたのが始まりで、水玉模様のモチーフの絵が有名です。愛とか平和もテーマにしていますが、若い頃から絶望、孤独、怒りを抱えて生きてきたこの人が、「わが永遠の魂」という題をつけているのはどうでしてでしょうか。そのことについてある人は小さい頃から一貫して追い求めているものの現れだという解説をつけていました。「自身の魂のありかを探し続け、また、創作に向かう自身の魂が永遠につながることを願って、作品をつくってきたし、これからもそうしていくだろう」。この美術展に多くの人が行くのは、その理由の一つとして、そのような思いを共通に抱えもっているからではないかとも思えるのです。聖書によれば、私たちにとって、私たちが永遠につながっていく場所。天と地が出会い、重なり合い出会う場所。天と地、永遠の神と私たちが結ばれる場所。それがキリストであり、キリストがお願いして父なる神が私たちに送ってくださる聖霊なのです。この聖霊の働きこそ、神に結ばれ、永遠に結ばれて生かされていく場所なのです。


 私たちにも今聖霊が送られています。そしてその聖霊を通して、父なる神と子なる神の交わりの中へ招かれています。「わたしの父はその人を愛され、父とわたしはその人のところへ行き、一緒に住む」。父と子と聖霊の神が総動員して、天を空っぽにするようにして、私たちのもとに来てくださり、私たちと共にいてくださいます。私たちがキリストを愛し、その掟を守るから、神は私たちを愛されるのではありません。神の愛を受けて、神の愛の中で、私たちもイエス様を愛し、イエス様の教えに聞き、神さまの愛を表すものとされていくのです。このみ言葉は私たちを通して神の命、神の愛が現れていくようになる約束の言葉なのです。この神さまの愛と恵みを共に分かち合うのが教会であり、毎週の教会の礼拝なのです。

 

 この弁護者・パラカレオーという言葉は広い豊かな意味をもっている言葉ですが、もともとは戦いに出る前に勇気を与え、励ましを与える言葉として使われていたという説明もありました。人生は戦いのようなものかもしれません。しかしその戦いの現実の中で耐え、課題に取り組み、乗り越えていくことを可能にするもの、それが弁護者としての聖霊であり、聖霊を通して共にいてくださり、生きておられる復活のキリストの現臨であり、力なのです。聖霊を信じる時、このキリストを示され、勇気と希望が与えられるのです。

 

 来週は渡部静子先生による伝道礼拝、その後ペンテコステを迎えていく私たちですが、この聖霊の働きを信じて、勇気と希望をもって歩んでいきたいと思います。

広告を非表示にする