東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年7月2日礼拝説教要約

「神に愛されている者として」マタイ10・26-31

 

 私たちは不安や恐れに囲まれて生きています。恐れのない人生はなく、不安のない人生はありません。イエス様から一人一人の生活の場へと送り出されている私たちには、クリスチャンであるからといって、恐れや不安がないのか、という決してそうではありません。けれども、このイエス様のみ言葉は、私たちが様々な不安や恐れを心に覚える時、私たちに勇気を与えていく大切なみ言葉なのです。

  「恐れてはならない」、その理由は「イエス様が暗闇で弟子たちに言ってきたこと、耳打ちしてきたように伝えてきたこと、神の知恵、神さまの福音が必ず明らかにされるからです。「悔い改めよ。天の国は近づいた」。この天の国、神の恵みの支配が私たちに及んではじまっている、その支配は必ず完成するからです。そのことは、誤った先入観で罪人と呼ばれてきた弟子たちにとって励ましとなり、支えとなります。かならず信じている神の真理が明らかにされるのです。
 「体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな」。人間は体を殺しても、それ以上のことはできません。「むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことができる方を恐れなさい」。魂を殺すことができるのは天地と全てを創造し命を与えた神だけです。けれども、この神は恐怖を与える神ではありません。「二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの天の父のお許しがなければ、地に落ちることはない」。このみ言葉のすばらしさは、数に認められない一羽の小さな雀、動物、最も小さなものでさえ、神さまは目にとめて、神は愛し、守り、配慮しておられるということです。神さまは信頼できる愛に満ちたお方なのです。この雀を守る神さまの御心がなければ、雀は地に落ちて餌を食べることはありません。死ぬということの中にも神さまの愛の配慮と守りがあるのです。だから希望があるのです。
 こんな小さな動物、小さな雀がこれほど神さまに大事にされているのなら、なおさら雀よりもはるかにまさったと言われている人間は大事にされています。「あなたがたは髪の毛までも一本残らず数えられている」。自分の髪の毛を数えたことはありません。時間のかかる面倒な作業に思えます。けれども、神さまは面倒に思うことなく、忍耐深く一本一本数えて下さっています。それほどに私たちは一人一人神さまに愛され守られて、価値ある者とされている大事な存在なのです。だからこそ、キリストの十字架と復活があり、私たちはキリストのものとされたのです。「生きている時も、死ぬ時も、身も魂も、私自身のものではなく、私の信頼する救い主イエス・キリストのもの」です。不安や恐れの中にあっても、この主によって与えられている慰めがあるのです。これが信仰の大事なポイントです。
 私たちはいつかは死んでゆく自分、因果法則に支配されていると思っている自分、罪と死の力に支配されている自分だと思う時、希望を持つことはできません。罪と死の力に勝利して今も生きておられるキリスト、全てをものを支配し、この世界に神の恵みの支配を完成してくださるキリストのものとされている。そのことに希望があるのです。この神の愛からどんなものも私たちを引き離すことはできないのです。

広告を非表示にする