東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年7月23日礼拝説教要約

「麦と毒麦」マタイ13・24-30、36-43

 

 先日、医師の日野原重明さんが105歳で召されたことが報道されました。希望をもつ、ビジョンをもつことが必要であり、希望によって生かされていくことをよく言われていたと思いますが、この日野原さんが心の導きとしていたものが

  「信仰と希望と愛、このなかで最も大いなるものは愛である」という聖句です。神から与えられている確かな愛があり、その愛に基づく希望があり、信仰がある。聖句に基づいた大きなビジョンがあるからこそ、人生において希望をもつ、ビジョンをもつことが大事である、ということができたのです。私たちの大きなビジョンとなるのが、毒麦の譬え話であり、そこに「信仰と希望と愛」を見ることができるのです。

 この譬え話で、農夫が良い種を蒔いた後、家に帰り、安心して、夜の間、眠っていると、敵意、悪意を持つ人がやってきて、毒麦の種を蒔いてしまいました。そして、芽がでて実ってみると、良い種の麦と一緒に、毒麦も現れたのです。事前に避けることができなかった不測の事態でした。この世界にどうして悪いことが起こるのか。私たちには分かりません。けれども、今日の御言葉には、この悪や罪のあるこの世界の現実の中で、私たちがどのように確かな希望をもって生きることができるのかが示されています。

 しかし、なぜ、この毒麦を抜いたら、良い種の麦まで引き抜いてしまう可能性があるのか、そのはっきりとした理由は語られていません。その地下では毒麦の根が良い種の麦、小麦の根に絡みついていて、強引に毒麦を抜いてしまうと、良い麦まで駄目になってしまう。あるいは僕たちが毒麦だと思って抜いたものが実は良い麦であった。そうなってしまう可能性を指摘しているのかもしれません。

 良い麦と毒麦を正確に識別することはできません。そして、私たちにもよいところと悪いところがあり、善と悪を併せ持っているのが現実です。むしろ自分の中にある善よりは悪が大きく自分を形作っているようにも思えます。だとするならば、悪い麦ももっている私たちは決して、抜き取って下さい、と言えるものではないのです。

 この譬え話では良い種が成長していくことについては詳しいことは一切触れられていません。良い種が育つ。それは前提であり、そのことについて主人が確かな確信をもっているからです。自分が蒔いた種を信じ、それだけではなく、この種が育つことに責任をもって配慮していくからです。主人は誰よりも麦の成長に注意を払って育てていきます。誰もこの主人の働き、神の働きを妨げることはできません。

 イエス様は私たちを何があっても、「からし種」や「パン種」のように、最後まで完全に責任をもって成長させて下さるのです。なされた罪でさえ、神の救いの目的に仕えるものに変えてくださる。毒麦をよい麦に変えてくださる。罪人を神の愛する子供としてくださり、私たちを導き、支え、御子イエス・キリストに似た者に造り変えてくださる。その恵みがイエス・キリストの十字架と復活によって与えられている恵みなのです。

 このイエス様が再び来て下さり、罪と死の力が完全に滅ぼされる神の国の完成の時に希望をおきながら、この僕のように、主人が種を撒き、育てていく働き、神が今働いている愛の御業に仕えていくのです。イエス・キリストのゆえに、信仰と希望と愛をもって、「たとえ世界が明日終わるとしても、今日私はリンゴの木を植える」、私たちもなすべき務めに仕えていくことのできるビジョンを与えられているのです。