東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年10月1日礼拝説教要約

「神は私たちと共におられるのか」出エジプト記17・1-7

 

 モーセによって導かれたイスラエルの人々がエジプトを脱出し、荒れ野に入って旅をしている時に起こった出来事が語られています。そこで、飲み水に困り、渇きのために死の恐怖を覚えた時、エジプトから導いてきたモーセに、ひいては神さまに文句を言い、不平不満を言いだしたのです。それは「果たして、主は我々の間におられるのかどうか」という疑いでした。神は私たちと共にいてくださるのか、それはこの世の荒野に生きる私たちの問いでもあるのです。

 

 この問いに神さまは答えて下さいました。神さまはこの人々を怒り、裁かれませんでした。むしろ、この問いを待っていたように喜ばれ、神さまはモーセに答えられるのです。モーセが命じられたように、その杖で岩を打つと、そこから水が湧き出て民はそれを飲むことができたのです。神はどんな時も共にいてくださる神であり、命の水を与え、支え、生かし、導いてくださる神であることを示されたのです。

 パウロは、コリントの信徒への手紙一の第10章4節で、この出来事をあげて、「この岩こそキリストだったのです」と言っています。イエス・キリストこそ、私たちと常に共にいて下さる神であり、荒れ野を旅していく私たちの歩みの中で命の水を常に与え、癒し、支えて生かして下さる方なのだ、と告げています。だからこそ、その後の13節で「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」と信じることができるのです。

 神さまが共におられるのか、神様の恵みの勝利などいったいどこにあるのか、ということしかできないのが、目に見えるこの世界の現実です。神さまが共にいてくださること、神の恵みの勝利は目に見えず、私たちは信じるしかありません。しかし、私たちから離れずについて来て下さる霊的な岩、キリストを信じるなら、そのキリストからほとばしり出る命の水をいただいて、渇きを癒されながら、約束の地、神の国の完成の時に向かう荒れ野の旅路を歩み、しっかり戦い抜いていくことができます。神さまの愛を受けて、神様を愛して仕えていく命の水に生かされていくのです。

 ローマの信徒への手紙の5章1節~5節には、荒れ野の旅路を歩む私たちにキリストによって与えられている命の道が示されています。人生には確かに苦しみが起こってきます。しかし、共にいてくださる神さまに愛され受け入れられていることを信じ、この神さまが共にいてくださる、神との平和の中に立っていく時に、苦難が決して無駄にならず、忍耐する力を与えられ、神の子とされていることの希望をもって歩んでいくことができます。この歩みに人生の失敗も挫折もありません。この希望は決して失望に終わることはないのです。

 私たちはこのキリストを信じることから、いつも新しく出発をして、命の水に生かされて、神さまに希望をもって仕えていきたいのです。

 

広告を非表示にする