東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年11月19日秋の特別礼拝説教要約

「終わりから今を生きる」ルカ16・1-13、黙21・1-4

 人気小説家の池井戸潤原作の「陸王」というドラマがあります。創業から100年の歴史をもつ老舗の足袋の製造会社の業績が低迷し、経営不振に陥り、

  社長はこのままでは会社が終わってしまうと悩みます。その時、提案を受けて、老舗の会社がもってきた足袋の製造の技術力を生かし、ランニングシューズの開発という新規の事業を始めることを決断し、開発チームを立ち上げて、襲いかかる様々な試練に立ち向かっていきます。

 私たちも突然窮地の中に置かれることがあります。追いつめられ逃げ場のない状況に陥る時があります。学校で、仕事場で、日々の生活の中で。家族に何かが起きる。自分が病になる。災害や何かが起きてしまう。様々なことで窮地に立たされます。誰もが死を避けることはできません。そのような時、人は、不思議なことに、終わりを見つめながら、そこから今どうするかを考えていく生き方に変わっていきます。そこで思ってもみなかった仕方で道が開かれ、困難を乗り越えて前進していく歩みが始まるのです。

 聖書によれば、人生の終わり、最後には大きな希望があります。そこから今を考える。それが聖書の人生の見方なのです。ルカによる福音書の「不正な管理人」は、主人の財産を無駄遣いしていたことが分かり、解雇の通知を受けます。そこで、管理人は、主人に借りのある全ての人々を集めて、自分が解雇されることを言わずに、主人の許可なく、その借金の額を減らし、希望を与え、友を作っていくのです。主人をだまし、その財産を勝手に使うことはあってはならないことです。けれども、今どのように生きるのか、そのことを将来確実に起こってくること、終わりから考えて、託されていた主人の財産を用いて、主人のために、人のために用いていくのです。そこから困難を乗り越えていく歩みが始まるのです。

 聖書では、死を超えて、長期的な視野で考える時に必ず起こってくること、死を超えた終わりの時の大きな希望が語られています。「『見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら、人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとく拭い取ってくださる。もはや死もなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである』」。

 この世界と私たちが一体どうなるのか、その運命はイエス様に背負われています。イエス様はこの世界と私たちの全てを背負い、私たちの悲しみや嘆きを引き受けて、死なれ、復活し、新しい世界を始めて下さいました。この復活されたイエス様の命、御手の中に、私たちもこの世界も全てのものの運命があり、イエス様がこの幻を完成してくださいます。何があっても私たちの人生の最後の終着点、目的地はここにあります。イエス様を信じることには大きな希望があり、終わりの時には大きな祝福があるのです。

 このイエス様が共にいてくださり、終わりの時の幻を実現するまで私たちを導いてくださるからこそ、困難の中にあっても絶望せず、終わりの時の希望を持って歩むことができるのです。終わりから、ゴールから、今を生きる。それはイエス様が私たちに与えてくださった人生をよく生きるため、よく生き抜くための知恵であり、励ましなのです。

広告を非表示にする