東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年11月26日主日礼拝説教要約

「愛に生きる」マタイ25・31-46


 この聖書のみ言葉から生まれた話に、トルストイの「靴屋のマルチン」と呼ばれる話があります。マルチンは最愛の妻と息子に先立たれ一人ぼっちとなってしまい、この世になんの未練もない、死ぬことだけが望みだと考えていました。

 

 しかし、新約聖書を読み始め、イエス・キリストの魅力に捕らえられていきます。そんなとき彼はどこからともなく「明日、あなたのところに行きます」と言うイエスの声を聞くのです。その次の日、彼は小さな部屋を掃除し、お茶を沸かし、料理を作り、主イエスの訪問を待ち続け、外に通る隣人に目をやり、困っている人々を招いていきます。そして、「これらの最も小さな者にしたことはわたしにしたことです」というみ言葉を読んだ時、「確かに今日イエス様は自分のところに来てくださったのだ」という喜びに満たされたのです。

 今日のみ言葉にあるたとえ話は恐ろしく聞こえるかもしれません。けれども、この恐ろしい話を読んで、最後の審判において山羊の側にならないために、善行や隣人愛の行為を一生懸命に積み立てるとするならば、それは何かおかしいように思えます。それは自分が救われるために他の人を踏み台にして犠牲にすることであり、愛の名を借りた究極のエゴイズムになるのです。信仰義認ではなく行為義認といえるのです。それではどのように読んだらよいのでしょうか。

 この聖書の御言葉がこの待降節の直前に読まれるのは意味があります。イエス様こそが最も小さい者であり、最も小さい者・飼い葉おけに寝かされている無力な幼子として私たちのもとに来て下さいました。イエス様は最も小さな者、最も弱い者、最も卑しい者として来て下さいました。私たちの小ささ、弱さ、無力さ、惨めさ、罪深さをご自分に引き受けて、ご自分のものとして、生涯を歩まれました。このイエス・キリストに背負われている私たちも、最も小さな者の一人です。そのことは、高慢になった弟子達に、あなたがたこそ、これらの最も小さな者の一人なのだ、と繰り返し言われた言葉から明らかです。イエス・キリストが最も小さな者である私たち一人一人を訪ね、食べ物を与え、飲ませ、着る物を与え、宿を与えて下さっています。このたとえ話をしておられるイエス様が望んでおられることは、ここから始まっていくのです。イエス様は私たちが気づかないほどに私たちのことを思ってくださり、私たちをイエス様の兄弟として、御自分と同一視してくださるのです。

 私たちの傍らに立って、「これはわたしの兄弟だ。わたしの兄弟であるこの最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」と言ってくださり、私たちを大切に思っていてくださるイエス様を知ることができます。そのように私たちの傍らに立ってくださるイエス様が見えてくるとき、他の人の傍らに立っているイエス様が見えてきます

 この世界と私たちには様々なことが起こります。けれども私たちを支えていくのは、この私たちをイエス様が訪れ、共にいて下さっているということです。私たちを愛し、全てを背負い、ご自分に与えられている全てのもの、永遠の命を私たちに与えて下さっています。この愛をもって仕えるように招かれているのです。

広告を非表示にする