東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年12月10日礼拝説教要約

「私たちを慰めてくださる神」イザヤ40・1-11


 メサイアを作曲したヘンデルは、1741年、オペラの失敗による経済的破綻とオラトリオの不成功によって、失意のどん底にありましたが、友人のチャールズ・ジェネンズから送られたテキスト「メサイア」に感激し、

 3週間で一気に作曲したと伝えられています。ヘンデルは、失意の中で、この歌詞、イザヤ書の聖書の言葉から慰めを与えられ、力を与えられて立ち上がっていったといえるのです。

 この聖書のみ言葉が語られた時代は、旧約聖書の歴史の中で最大の悲劇といわれるバビロン捕囚の時代でした。エルサレムの神殿が破壊され、国は滅び、バビロンの町へ連れていかれた人々は、ベルやネボといった偶像の神々を見せつけられ、「あなたの神はどうなったのか」と馬鹿にされ、「神は無力な神なのか」と絶望感に打ちひしがれ、依りどころを失っていました。本当に安心できる家もなく、疲れ果て、生きる意味も進むべき方向も全く見いだせず、孤独と虚しさをかかえていたのです。安心できる家がないことほど悲しいことはありません。家を失い、家族を失い、ルーツを失い、自分を見失い、群れから迷い出た子羊のようにさまよっていたのです。

 この時、この民の一人として生きていたイザヤに神さまは呼びかけられました。「「慰めよ、わたしの民を慰めよ」とあなたたちの神は言われる」。人々は神に背き、神から見捨てられ、神は遠く離れてしまったと思って、神を見いだせず過ごしていたのです。けれども、その「苦役」、戦いの日々が終わり、その咎、罪は完全に償われ、もう充分に「罪のすべてに倍する報いを/主の御手から受けた」と言うのです。罪が贖われ、赦されて、解放される。神さまは決して見捨てていない。神さまは愛し、受け入れ、赦して、共にいて救いへと導いてくださる神である。その根拠が神の言葉です。「草は枯れ、花はしぼむが、わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ」。聖書は「結局人間は滅びるのだから美しく生きよう」という滅びの美学を語るのではありません。神の言葉、神の愛の御心はすべてが枯れ果ててしまったかのように見える現実の中で、なお固くとこしえに立っている。有限であり、弱く、はかない私たちをとらえ包みこみ、関わってくる永遠の神の言葉があり、神の言葉が与える確かな救い、確かな支えがあるのです。

 バビロンの地で、家なき者であった人々を慰めたもの。それが、神が喜んで、天からくだり、共にいてくださること。ふところに抱いて、支え、導いてくださっているということ。どのような人であれ、誰もが本当の家があり、この神こそ本当の住みか、家であり、その神の永遠の御腕に支えられていることです。神さまはイエス・キリストにおいて、天よりくだり、私たちの所に来て下さいました。そして、私たちと共にいてくださり、私たちをふところに抱き、支えて、導いてくださっています。キリストご自身が、わたしたちの住まいとなり、わたしたちを支える永遠の御腕となって支え、導いてくださっています。これほど確かな支えはありません。

 待降節、この神の言葉、キリストを信じ、キリストを確かな支えとしていきたいのです。そして私たちも人々に対する慰めの器とされることを祈りながら、キリストを心に迎えていきたいと思います。