東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年12月24日クリスマス礼拝説教要約

「闇から光へ」ルカ2・8-20

 

 今一年中で一番夜の長い時期を迎えています。この時期の12月25日に、イエス様が本当に生まれたのかどうかはわかりません。それではなぜ、この時がクリスマスの日として選ばれたのでしょうか。

  それは、夜が最も長く、闇が最も深くなるこの時期にこそ、闇の中に私たちを照らす光として来てくださったイエス様をお祝いすることがふさわしいからです。

 世界の最初のクリスマス・イブの夜、パレスチナベツレヘムの野原で、この光に最初に照らされたのは羊飼いたちでした。羊飼いは夜通し、羊の世話をしなければならず、忙しい日々を送り、他の人々のように神殿で犠牲もささげることもできませんでした。人からは軽蔑され嫌われ、生活も貧しく豊かではありません。ローマ帝国の人口調査の命令も羊飼いには下されず、人としてカウントされず、無きに等しい、価値のない人間として見なされたのです。

 孤独を抱え、悩み、人を恐れ、不安の中で疲れている、それが羊飼いでした。彼らが自分たちを神様から遠く離れた者と思っていたとしても不思議ではありません。神様に見捨てられ、嫌われている。人生を諦めたい、そう思っていたとしても不思議ではありません。しかし、だからこそ、その羊飼いに神さまのまなざしが注がれて、神さまに探し出され、招かれて、救い主に出会う喜びを与えられたのです。私たちも闇から光へと導かれ、神さまに探し出され、招かれています。

 しかし羊飼いたちが、なぜ天使たちの歌声を聞いてから、すぐには帰らず、素直に天使の言葉に従ったのでしょうか。それはさらに事の真相をつきとめようとしたからではないでしょうか。そうして探し出したのが「飼い葉おけに寝かせてある乳飲み子」でした。その幼子、共にいてくださる神との出会いが、日々の生活を生きていく時の大事な視点、大局的な視点となったのです。

 クリスマスの神秘、不思議さは、本当に神さまが人間となって、この地上に来て下さったこと、そして自分のような者と共にいてくださる神である、ということです。私たちには悩みがあり、心配ごとがあり、不安があります。けれども、神さまはどんな時も、いつも私たちを見捨てずに、愛し、そばにいて導いてくださいます。聖書の迷った一匹の羊を探し出し、背負い、連れて帰る羊飼いのように、私たちは探し出され、背負われています。私たちのすべての痛み、悩み、苦しみを分かち合い、私たちを背負い、私たちの手をとって、導いてくださいます。たとえ、どんな困難があっても、神は必ず逃れる道を備え、導いてくださいます。だから、どんなことがあっても大丈夫だ、と言えるのです。このクリスマス、どうかこのことを心に覚えていただきたいのです。私たちは人生を見るための大きな大きな視点を与えられているのです。

 それからの羊飼いたちの生活は特に大きな変化があったわけではありません。けれども、神さまに招かれ、神さまが共にいてくださり、神さまの働きに用いられていくことを知ったのです。どんな小さな働きも、神さまの働きに加えられている、その喜びを私たちも与えられています。このクリスマス、今、私たちも羊飼いのように、闇から光へと招かれ、大きな希望を与えられているのです。

広告を非表示にする