東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年12月31日礼拝説教要約(歳晩礼拝)

「嘆きを踊りに変えてくださる神」詩編30編


この年末になると、テレビでお笑い特番が競い合うように放送されています。それは「せめて年末年始を笑って過ごしたい」という多くの人の願いがあり、それほど日々の生活の現実には笑うことのできない厳しい現実があるのです。

  旧約聖書詩編は旧約の昔の時代から礼拝で祈られてきました。しかし詩編全体の2分の一近くが嘆きの言葉を訴える詩編です。聖書は私たちの人生の現実に逆境の時、嘆かざるを得ない現実が多いことを知っているのです。嘆きの詩編のプロセスには順境、逆境の時、新境地という流れがあり、私たちの人生の経験に触れてくるのです。

 詩編30編も嘆きの詩編です。2節から6節では、八方塞がりで深い穴の中にいるように逃げることができず、死んだ屍のようにならざるを得ない苦しみの中にいた人が、神の恵みの中に置かれていることを知り、神に感謝して祈っています。その後、改めてその出来事を振り返りながら祈っていくのが7節からのみ言葉です。順境の時。人生が順風満帆に行っている。平穏に元気に過ごせている。けれども、実は神ではなく、「わたし」、自分に満足し、自分に自信をもち、確信をもっていた時でした。

 しかし、8節の後半で、突然、順境から逆境に移行します。「御顔を隠される」。神がいるのかと思える出来事が起こり、自分の確信も信仰も崩れ去る。頼るべきものがなくなり、「たちまち恐怖に陥」る。自分はどんなに脆い、弱い、無力な存在であり、どんなに頼りない自分なのかに気づきます。そこで自分ではなく、神を頼りとし、神に助けを求め、神の憐れみを祈り求めていきます。神の利益に訴え、助け手となって下さるように、言葉を尽くし、情熱をもって祈っていくのです。

 このように祈っていった時に起こる出来事、私たちにも起こる出来事を12節から知ることができます。「あなたはわたしの嘆きを踊りに変え」とあります。この「変える」という言葉は「ひっくりかえす」という意味をもっています。嘆かざるを得ない存在、罪故に滅びていく存在、死に至る病を負っている存在。しかしその私たちの存在がひっくり返され、神と共にあり、神によって背負われて導かれていく新しい命が与えられていることを知るのです。新しい命を与えられ、新しい存在にされて、希望を与えられている。踊るような喜びを与えられているのです。

 キリストは天を裂いて、自らを投げ捨てご自分を無にして低きにくだり、へりくだって、私たちのもとに来て、私たちの全てを負ってくださいました。深い淵、十字架の死に至るまで、私たちの絶望の淵、死の陰の谷に赴かれ、低く下られました。そして、復活し、命の道を開いてくださいました。私たちの順境も逆境も、この主に担われています。主は低きにくだり、私たちの悲しみと苦しみをご自分のものとして背負い分かち合い共にいてくださいます。このキリストに出会うことこそ救いであり、祈ること自体が救いなのです。祈ることをとおして、このキリストに出会って、新しい命を見出し、希望を与えられるのです。

 この一年においてイエス・キリストが共にいてくださり、私たちを背負い、神の恵みの中に私たちをおいてくださいました。このキリストに感謝し、自分をゆだねて、希望をもって、新しい年の歩みに向かっていきたいのです。