東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年1月14日礼拝説教要約

「神の呼びかけに答えて生きる」サムエル記上3章1-10節

 

  1901年、スイスのカール・ヒルティが書いた『眠られぬ夜のために』という本があります。この本のタイトルに惹かれ、多くの人が今もなおこの本を手にとり読んできたのは、「人生には不安を抱えて眠れない夜があり、その夜にどう対処していくか」が人生の課題だからです。

 

   少年サムエルにも眠れない夜がありました。3歳の頃から祭司エリのもとに預けられ、エリの仕事のお手伝いをしていました。ある夜、神殿の神の箱のそばで眠っていたときに、自分を呼ぶ不思議な声を聴いて目覚めたのです。

 

    サムエルは4節「ここにいます」と答えています。この言葉は最初の4節にしか出てきませんが、実際には、呼ばれるたびに同じように答えていたと思われます。「ここにいます」という言葉には「自分を呼んだ人が、すぐに自分のところに来て、自分に何か言っても、それを聞いて行っていく準備が私にはありますよ」という意味があります。

 

  考えてみると、この言葉はなかなか口にできる言葉ではありません。いつもすぐに「ここにいます」と言って、自分をその相手に直面させて対応していくことには心の準備が必要だからです。一人の時に考えていた心の中に、人に知られたくない思いがあり、それを隠してから人に接していくのが普通だからです。

 

  森有正という人の有名な言葉があります。「人にも言えず親にも言えず、先生にも言えず、自分だけで悩んでいる、また恥じている。そこでしか人間は神様に会うことはできない」。この時、サムエルにも悩みや不安があり、醜い考えがあったとしても不思議ではありません。誰でも欠けや弱さを抱えています。けれども、そこで神さまは出会い、その欠けや弱さのある私たちを受け入れて、語りかけてくださいます。だから、その弱さを抱えている自分を受け入れて、その自分を神さまに持ち出しながら、「ここにいます」と答えていくのです。

 

  「ここにいます」という言葉には、「私の居場所はここにある」という平安と確信が満ちています。不安の中で、自分を見失ってしまう時、神さまがどんな私たちであっても愛し受け入れてくださり、呼びかけてくださっている。だからこそ、ここに私の居場所がある、ということができるのです。神に呼びかけられ、神の言葉が語られ、聞いていく時、神の前に自分の居場所をはっきりと知るようになるのです。

 

   私たちもイエス様の十字架の死と復活によって、何があっても、今もこれからも、神さまのもの、神さまの子供とされています。どんなに弱い自分、欠けのある自分、醜い自分に思えても、その自分を神さまは受け入れて、ご自分のものとしてくださっています。だから、ここに自分の居場所があることを知り、その自分を受け入れて、嘆きや不安を訴えながら、「ここにいます」と、自分をゆだねて、答えていくことができるのです。神さまはその私たちにみ言葉を与え、導いてくださいます。

 

   私たちの眠れない夜。それは神が呼びかけ、語りかけてくださっている時であり、今私たちも呼びかけられています。「ここにいます」と答えながら、聖書を通して神さまの言葉を聞き、神さまに仕えている僕として歩んでいきたいのです。