東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年1月21日礼拝説教要約

「イエスの招きに従って」マルコ1・14-20

 

 湊かなえという方の『物語のおわり』という小説があります。「空の彼方」という未完の結末のない物語が、旅人から旅人へと手渡され、それぞれ悩みを抱えている旅人が、その未完の物語を読み、自分だったらどのように物語を締め括るのかを考え、そして自分自身の答えも得て、今を生きる力を与えられていく物語です。

 
 聖書も終わりのない物語です。神の国の完成の時に至るまでは終わりはありません。マルコによる福音書も、イエス様に繰り返し出会い、招かれ、従っていく未完の物語であり、この未完の物語から今を生きる力を与えられていくのです。


 「時は満ち、神の国は近づいた」。この「時」という言葉はもともとのギリシャ語ではカイロスという言葉です。歴史が変わり、人生が変わる決定的な時、歴史の転換点、人生の転換点を示す言葉です。私たちは全てのものが流れ去っていく空しい時の中に飲み込まれて歩んでいくのではありません。イエス様に出会い、確かなカイロス、神の支配に満ちている「私のカイロス」、「私の人生の転換点」と言える時を備えられ、与えられて、人生を歩んでいくことができるからです。


 この箇所にはイエス様に出会い、人生を変えられていった人々が出てきます。シモンとアンデレの兄弟も、ヨハネヤコブの兄弟も漁師でした。特にヨハネたちは「雇い人」たちがいたことから、それほど貧しくはなかったことが分かります。しかし、この四人は「わたしについて来なさい」と言われると、すぐにイエス様に従っています。


 ここには、弟子たちが何を考え、どのように決断し、従うことを選び取ったのか、そのことは何も書かれていません。その過程はポイントではないからです。それよりも大事なことは、イエス様がこの四人を探し出し、ありのままを受け入れ、従うように招かれた、という神さまの御業です。この四人をイエス様と一緒に歩んでいくもの、イエス様のものとしてイエス様と共に歩む者に変えられた神さまの大きな御業です。このことが、イエス様が十字架で死なれた時に裏切り、その自分を嘆き、立ち上がることができなくなった弟子たちを支え、立ち直らせ、生かし、大きく変えていくのです。


 この一年、私たちに何が起こってくるかわかりません。立ち直ることができないと思える時もあるかもしれません。けれども、どのような時も、私たちを支え、力を与えていくのは、イエス様がこのように私たちを探し出し、出会ってくださっていることです。ありのままの私たちを愛し、受け入れ、赦してくださっていることです。私たちをご自分と共にいる者、愛する神の子として、神のものとしてくださっていることです。どんな私たちであってもその私たちを必要として用いてくださることです。主は私たちの人生に御自分の愛の御心を行い、御自分の恵みを表して、用いて下さいます。「人間を取る漁師をしよう」。この言葉は神と人に仕える者として神に用いられるものとしてくださる神さまの約束であり、その約束をイエス様は私たちの人生に実現してくださいます。


 私たちを愛し、招いて、ご自分のものとして導いてくださる主に、自分の全てを委ね、神と共に生きる新しい人生を歩んでいきたいのです。