東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年2月4日礼拝説教要約

「鷲のように翼を張って」イザヤ40・21-31


 ドイツの強制収容所を経験したヴィクトール・フランクルが書いたことを思い出します。生き延びる人と死んでしまう人との間に違いをもたらしたのは肉体的な健康や強さの問題ではなく、希望があるかどうかだった、ということです。自分を取り囲む有刺鉄線を超えたところにある希望、将来への希望なしには今を生きていくことはできないことを経験したのです。将来への希望がなければ、人生の目標もなく、人生はむなしくなり、倒れ伏してしまうのが現実なのです。

 

 旧約聖書の歴史の中で、大国バビロニアによってイスラエルが滅ぼされ、遠くバビロンに移された人々も、将来への希望、未来を信じることができませんでした。27「…わたしの道は主に隠されている、と。…わたしの裁きは神に忘れられた、と」。希望のある未来がくるとは信じられなくなってしまったのです。たとえ、バビロンの地で家を建てて住み、畑を耕し、家族もある。けれども、「若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れる」。これが当時の現実でした。

 

 人は未来を失い、倦み疲れている時に何を思い、何を考えるのでしょうか。それは、自分たちの神もまた倦み疲れているのではないか、ということです。モーセ以来導いてくださった力強い神は今どこにいってしまったのか。神もまた倦み疲れ、もう生きて働いてくださらないのではないかと嘆くのです。
 

 けれども、イザヤは、決して、断じて、そうではない、と言います。神は、天地の造り主であり、その創造の力は今もなお生きて働いている、と伝えます。天地を造られた神は、今もすべての人に働いているのです。そして、注目したいのは、その神の力が29「疲れた者に力を与え、勢いを失っている者に大きな力を与えられる」ということです。その神の創造の力が「疲れた者」「勢いを失っている者」、言い換えれば、小さいもの、弱さを抱え、弱さの中にある者に大きな力を与え、今も生きて働いているのです。

 

 天地を造られた神は、どんなに疲れた者、勢いを失っている者であっても、小さい者、弱い者を見捨てることなく、愛し、共にいてくださり、かけがえのない大事な貴重な存在としてくださっています。だからこそ、神さまは弱さの中にある者を受け入れ、共にいてくださり、その弱さをとおして働いてくださるのです。

 

 「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」。神さまは、今、弱さを抱える私たちを愛し、受け入れ、用いて、生きて働いてくださっています。私たちの弱さをご自分のものとして取り上げ、ご自分に引き受け、負ってくださった神の御子イエス・キリストが、私たちと共にいてくださり、弱さの中にある私たちを支え、助け、用いて、導いてくださいます。弱さの中にありながら、その私に恵みを与え、助け、用いて、強めてくださる。だから「わたしは弱いときにこそ強い」とさえ、弱さの中で嘆いていたパウロはいうことができたのです。

 

 この神の力、神の愛があるからこそ、私たちには必ず神による確かな未来があり、希望があるのだ、と、聖書は告げています。倦み疲れていても、弱さの中にあっても、この神の愛を信じていく時、新しい力を与えられていくのです。