東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年2月18日礼拝説教要約

「ナルドの香油」マルコ14・3-9

 

 冬季オリンピックフィギュアスケート羽生結弦選手が前回に続いて金メダルをとりました。羽生選手は小さい頃から憧れだった選手と会うたびに「今、君が出来ること、持っている能力を全部出して見せなさい」と言われたようです。健康状態や調整がベストでなくても、持てるもの全てを出し尽くして演技してきたのです。

 

 私たちも全てを出し尽くしたと言える時、それがどんなものであっても、良かった、と最後に言えるのです。

 

 マルコによる福音書14章3節にも自分の持てる全てを出し尽くした女性がいます。「ひとりの女が、非常に高価で純粋なナルドの香油が入れてある石膏のつぼを持ってきて、それをこわし、香油をイエスの頭に注ぎかけた」のです。約一年分の給料にあたるもの、計算すると7500人分の食事を準備できたと言われるほどの価値のある高価な香油をそのすべてを惜しみなくイエス様の頭に注いだのです。それは人の目からすれば、確かに無駄遣いと言える行動だったのです。

 なぜこのようにその全てを注いだのでしょうか。「それを売って、貧しい人々に貧しい人々に施すべきではないか」と批判もありました。しかし、イエス様はこの女性の行動を良しとして、受け入れられたのです。もちろん、貧しい人や苦しむ人を助けることは旧約聖書以来の大事な教えであり、イエス様は軽んじていたわけではありませんでした。この人は、イエス様にただ一心に感謝したい、それをできる限りの仕方で形にしたいと考えて、今それを行動に移したのです。

 「わたしに良いことをしてくれた」。この「良い」という言葉はもともとの原語では「美しい」という意味をもっています。これから始まるイエス様の私たちのためのご受難の歩みこそ、まさにわたしたちのために全てを出し尽くし、ささげてくださった歩みであり、そこに神の美、神の美しさが示されているのです。女性の行動はこれからのイエス様の歩みに重なるからこそ美しく、イエス様は慰められ喜ばれて、美しいと言われたのです。

 私の好きな言葉で、「聖書の美は、broken beauty、「破れ果てた美」、「破たんした美」である」という言葉があります。ギリシャ彫刻の調和ある美や仏教の説く静かな美ではありません。抱えているどうしようもない苦しみや矛盾を努力して克服して乗り越えたところにある「美」でもありません。イエス様は神さまの御心に従って、ご自分を犠牲にして、苦しみを受け、十字架で死なれる道を進んでいかれました。私たちのために肉体を取って人となり、私たちの罪の贖いとして、ご自分の全てを犠牲として献げて死なれたのです。この出来事こそ、命の浪費、無駄遣いであるはずです。

 けれども、私たちはこの神の聖なる浪費によって、罪贖われ、赦され、神の子としての命を与えられ、イエス様のもっている全てを与えられています。調和のない破れ果て破綻した世界、そういう自分の現実があっても、そこで、私たちのためのこの神の愛の浪費、神の聖なる浪費があるからこそ支えられ、生かされ、希望を持つことができます。私たちもナルドの香油、神と人のために用いる高価な賜物、どんなものであってもイエス様が受け入れて下さる賜物を与えられています。礼拝も命の浪費といえるかもしれません。けれども、礼拝を通して、神の聖なる浪費によって与えられている恵みを受け取りながら、賜物を生かして歩む創造的な人生を与えられていくのです。