東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年2月25日礼拝説教要約

「神のゆるしの愛」マルコ14・12-26


相田みつを」という方の『生きていてよかった』という詩集がありますが、2003年に出版されて以来、多くの人に読まれています。「生まれてきてよかった」、「生きていてよかった」、「人生は祝福されている」。そう思える人生を誰しもが送りたいと願っています。

 

 けれども、この聖書の箇所には、あなたの人生が呪われている、生まれてこなかったほうがよかった、というようなイエス様の言葉がでてきます。大変な人生だと思える時、自分は不幸だ、呪われている、自分は生まれてこなかったほうがよかった、と思うことがあります。でも、そのような時、救いはないのでしょうか。そのように感じる私たちに希望はないのでしょうか。

 

 「人の子を裏切るその者は不幸だ。生まれなかった方がその者のためによかった」。この言葉を告げられたのはイエス様を裏切り、この後にイエス様を逮捕し、殺してしまおうとしていた人々に売り渡してしまったユダでした。けれども、理由は何であれ、イエス様は決してユダの人生を呪われたのではありません。「不幸だ」という言葉は、むしろユダに対する、激しい同情に基づくうめき声だったのです。イエス様はユダを怒り、ユダを呪っているのでなく、どこまでも愛し、赦し、祝福してくださっていたのです。


 そのための食卓が22節からの主の晩餐の食卓でした。この食卓はイエス様がご自分を裏切る者、ご自分を見捨てていく者、私たち罪びとのために、まさに準備したものでした。これから十字架で裂かれていくご自分の体を裂かれたパンとして示され、神さまに感謝して、賛美して祈られたのは、この出来事を用いて、人間の裏切り、私たちの罪をご自分のものとして引き受けて、それを担い、神さまの御心に従って、犠牲の子羊として、十字架の死を果たすことによって、私たちに対する罪ゆえの死、呪いを祝福へ、命へ、救いへと変えて下さるからです。

 

 私たちは聖餐式の食卓で、聖霊の働きの中で、パンを取り、食べることによって、キリストの体の一部とされ、キリストの体の中で生き始めます。そして、杯に示されるキリストの血に与かることによって、キリストの命をいただいて、罪赦され、神共にある命に生きる者となり、新しい神との交わりを与えられた者、神の契約の民、祝福された神の民として養われます。そして、将来必ず実現する神の国の大きな祝宴に招かれている希望に生き始めるのです。

 

 キリストが永遠に私たちの命、私たちの罪とその死をご自分のものとしてくださり、私たちに罪の赦しとご自分の命、永遠の命を与えて下さる。私たちの弱さ、貧しさをご自分に取られ、私たちにご自分の豊かな富を与えてくださる。私たちの不義の重荷をご自身に引き受け、御自身の義を私たちに着せ、ご自分の全てを与え、共にいてくださっている。これが聖餐式の福音、聖書の福音、私たちに与えられている救いであり、祝福なのです。


 どんな時も何が起こっても、「生きていてよかった」、「生まれてきてよかった」「生きているのが嬉しくなった(星野富弘さん)」と言える程の恵み、神の祝福をイエス様のご受難と十字架の死によって与えられています。この受難節、この神さまの愛と恵みを味わうことを祈りつつ、神の愛を表して歩んでいきたいのです。