東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年3月4日礼拝説教要約

ゲッセマネの祈り」マルコ14・32-42

 

 「わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」。この祈りの言葉を読む時、自分の気持ちを正直に率直に祈り、願い求めてはいけないのかと思えます。自分の気持ちを素直に打ち明け、自分の気持ちに正直に生きることは、時に人を自由にしていく大切なことに思えます。

 

 しかし、イエス様はそのことを否定されてはおられません。この時、最初に、「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取り除けてください」と、正直な気持ちを打ち明けて願っておられるからです。しかし、その上で、神さまの御心が、神さまの思い、ご計画が実現するように、と祈っておられるのです。私たちには、人にはつらくても、しなくてはならないことがあります。イエス様はこの時、私たちのためにとてもつらいことを引き受けることを決断してくださったのです。


 けれども、イエス様がこの時、ひどく恐れ、最も恐れていたものは、人々に裏切られ、罵られ、体を痛めつけられ、最後には死んでしまうということではありません。イエス様が最も恐れていたのは、この世界の全ての人々の罪、全ての時代の全ての人々の罪を負って、その罪のために神さまに裁かれる、ということでした。これまで、父なる神さまの子どもとして、神さまとの愛に満ちた関係の中に生きてきた。しかし、その自分が罪ある者として裁かれ、父なる神との愛の関係を引き裂かれ、関係を絶たれ、捨てられてしまうのです。イエス様がすべての人の罪を背負って、その代わりに十字架にかかられ、裁かれることによって、全ての人々に救いの道を開いていくことが神の御心であり、神さまのご計画でした。


 「目を覚まして」一緒に「祈っていなさい」と何度も言われながら、眠ってしまう弟子たちの姿があります。しかし、その果てに裏切る弟子たちをイエス様は見捨てません。その弟子たちの救いのため、その弟子たちに代表される全世界の人の救いのため、私たち一人一人の救いのため。そのための救いのご計画を成し遂げるために、イエス様は苦しみながら、神さまの救いのご計画に従えるように祈り、このご計画を受け入れられたのです。


 自分は誰からも大切にされず、必要とされていない。愛されていない。そのように思える時があるかもしれません。けれども、今、神さまは私たち一人一人を見捨てていない、私たちを愛してくださっています。そのことははっきりと示されたのがこのゲッセマネの祈りなのです。「目を覚ましていなさい」とは、このイエス様との交わり、イエス様の愛にとどまり、このイエス様にしがみつき、すがっていくことなのです。どんな時も、私たちを愛し、最善を与えてくださる神さまの大きな御心があるのです。

 

 「あなたがたは悪をたくらみましたが、神はそれを善に変えてくださったのです」。神は全ての人間がたくらんだ悪、罪をイエス様のご受難と十字架によって善に変えて下さいました。そして、どんな場所にあっても、どんな自分に思えても、悪を善に、死を命に変えていく神さまの働きがあり、神さまのみ心が行われています。私たちは「み心がなるように」と祈りつつ、この神の御心に仕えていくように招かれているのです。