東京主僕教会の最近の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年3月18日礼拝説教要約

「十字架につけよ」マルコ15・1-15

 キリスト教と十字架は切り離すことのできないシンボルのようになっていますが、主イエスの十字架の死とセットのように覚えられてきたのが『使徒信条』にもでてくる「ポンティオ・ピラト」という人物です。

 

ピラトはローマ帝国の植民地となったユダヤ地方の統治をローマから委ねられたユダヤ総督でした。いつもはカイサリアという町にいましたが、多数のユダヤ人が各地から集まってくる祭りの時にはエルサレムに来ていたのです。


 しかし、ユダヤの指導者達はイエス様を捕らえ、命を奪おうとしていましたが、ユダヤがローマの植民地のため、勝手に死刑にすることはできませんでした。そこで、ピラトが納得する罪状、「この人はユダヤ人の王と名乗っている」と訴えて、引き渡したのです。もしそれが事実であれば、ローマ帝国に対する反逆罪となり、重い死刑となるのです。


 ピラトは、ユダヤの指導者達が妬みから言っていることを見抜き、信用したわけではありません。この人たちが不正を働いていることは感じ取っていたはずです。だから、本当に「お前がユダヤ人の王なのか」と問い、何度も確かめています。しかし、イエス様は「それはあなたが言っていることです」と答えた後、「ピラトが不思議に思うほど」、口を開くことはありませんでした。そうして、最後には、ピラトは自分の保身のために、群衆の本心・気持ちを推し量り、「忖度」して、日和見的に判断し、公正な裁きではなく、不正を行って、イエス様を当時の極刑、十字架の刑につける決断を下したのです。


 しかし、どうして、イエス様は沈黙を保ち続けて、裁きを受けられていったのでしょうか。本来なら、ピラトやユダヤの指導者達、群衆の悪、不正を暴き、主張し、反対に裁くこともできたはずです。しかし、イエス様は神さまの救いの御心に従って、身をもって、その人々が本来は受けるべき神様の裁きから救われること、その人々をかばい守るために、イエス様は黙って裁かれていかれました。それほどまでに、ご自分を十字架につけて殺したユダヤの指導者やピラト、群衆を愛し、そして同じ罪を抱えている私たちを愛してくださっているのです。私たちのために沈黙し、責め苦を受け、十字架で死なれたのです。


 このイエス様が十字架につけられる、その代わりに、赦されざる罪を犯したバラバが釈放され、自由にされています。バラバは今後、罪を問われることなく、新しい人生を始める機会を与えられます。この主イエスとバラバに起こった立場の逆転に、主の十字架の死によって私たちに起こっていること(素晴らしい交換!)を見ることができるのです。


 ピラトやバラバのように本来赦されざる罪びとである私たちをイエス様は愛し、私たちの全てをご自分のものとして引き受けてくださいました。そうして、ご自分のもっている全ての恵みを私たちのものとして与え、新しい命に満ちた人生の始まりを与えてくださいました。


 主イエスの愛と赦しのなかで、これからの人生を支えられ、希望をもって歩んでいくために、この受難節、主が私たちのために沈黙を保って裁かれ、私たちのために、私たちに代わって十字架で死なれたことを受け入れていきたいのです。そして、自分を主の愛に委ねて、愛をもって歩んでいきたいのです。