東京主僕教会の最近の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年4月1日復活祭礼拝説教要約

「どんな希望があるのか」ヨハネ20・1-18

 中島みゆきさんという歌手の1975年にヒットした「時代」という有名な曲があり、今でもこの曲が流れています。「今はこんなに悲しくて、涙も枯れ果てて、もう二度と笑顔には、なれそうもないけど、…まわるまわるよ、時代はまわる、別れと出会いを繰り返し、今日は倒れた旅人も生まれ変わって歩き出すよ」。

  人生に失敗をし、挫折をして、倒れる旅人。絶望的な状態、無力な状態になって倒れる旅人。しかし、その倒れた旅人が必ず新しく力を得て、立ち上がり、歩き出すことができる。そんな力を誰もが求めています。人生を歩んでいくためにはその力が必要なのです。その力こそ、イエス・キリストの復活にあるのです。
 マグダラのマリアも「倒れた旅人」でした。このマリアは「マグダラのマリア」と呼ばれていますが、他の福音書では「7つの悪霊を追い出していただいた」と言われています。以前、何か大変な苦しみを抱えていて、イエス様にその苦しみから解放されて、それ以来、弟子たちと一緒にこのイエス様に従って、仕えながら一緒に来たのです。しかし、そのイエス様が十字架で死なれ、その亡骸もなくなってしまった。これ程悲しいことはありません。涙も枯れ果てる程に泣き続けたのです。イエス様は死んでいなくなり、全てが終わってしまった。イエス様と共に生きる物語、自分の人生の物語は終わってしまった。その心の悲しみ、絶望がそれほど深かったのです。しかし、その時、「マリア」と背後から復活されたイエス様に呼ばれたのです。
 死の力に勝利して復活されたイエス様は、泣き続けることをやめないマリアを怒り、叱りません。そうではなく、泣き続けるマリアをやさしく受け入れ、うけとめて、「マリア」と呼びかけられます。マリアはイエス様に名前を呼ばれ、復活されたイエス様に自分が知られていること、自分の全てが受け入れられ、愛され、共にいてくださっている、そのことを知って、復活されたイエス様を信じ、力を与えられていきました。イエス様によって闇の中から光の中へ、死の支配から復活の命、新しい命の支配の中へ連れ出され、捕らえられ、包まれていったのです。
 私たちも一人一人、私たちの全てを知り、受け入れ、愛し、共にいてくださっているイエス様に名前を呼ばれています。イエス様に知られ、捕らえられ、イエス様に手を握られて、私たちは一つに結ばれています。神の愛する子どもとしての命を与えられ、神が共にいてくださり、最善のものが備えられている命を与えられています。
 私たちが生きている世界はイエス様が復活された世界です。死ではなく神の命が、悪ではなく神の愛が最後に勝利する世界です。死の力を打ち破って下さったイエス様が、私たちにどこまでも寄り添い、共にいてくださり、最善のものを備えてくださっています。だからこそ、倒れた旅人は、新しく立ち上がる力を得て、再び歩き出していくことができるのです。私たちの人生に立ち上がれない行き止まりはなく、私たちの人生の物語に終わりはありません。私たちの人生もこの世界にも確かな希望があるのです。この復活してくださったイエス様を信じ、勇気をもって歩んでいきたいのです。