東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年4月15日礼拝説教要約

「命を豊かに受けるために」ヨハネ10・11-18

 

 先日、テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」や映画「火垂(ほた)るの墓」などを手がけたアニメ監督で知られている高畑勲さんが逝去されたニュースがありました。この高畑監督の作品には、丁寧な生活描写の中に、命の喜びを込める作風がくっきりと表れていた、という新聞の記事がありました。

 普段の日常の生活には、嬉しいことだけではなく、過ちを犯したり、悩みや悲しいことやつらいことも起こります。そのなかで、命の輝き、尊さ、喜びがある、そのことに支えられ、生かされていくのだ、という思いをもっておられたのかもしれません。
私たちの普段の日常の生活に与えられている命の喜び、輝き、尊さ、それをどのように見出していくのか。日々の私たちの歩みを支え、輝かせていくものは一体何か。そのことが今日の聖書のみ言葉で告げられています。

 先ほど交読詩編で読んだ詩編23編は、愛唱聖句でまずあげられることの多い聖書の言葉ですが、疲れた多くの人々を慰め、安らわせ、支え、導いてきた詩です。羊は弱く無力な動物です。羊飼いがいなければ安心して牧草地にいることはできません。羊飼いがいなければ生きることができません。私たちも羊のように自分が弱く、無力な存在であることを覚え、悩みの中で眠れぬ夜を迎えることがあります。けれども、この詩編を思い出すとき、安らぎと慰めを与えられるのです。主は私を導いてくださる羊飼いであって、復活してくださったイエス様こそ、その良い羊飼いだからです。

 「自分の羊を持たない雇人」は、羊の世話をするために雇われた人ですが、最大の関心は自分の給料であって、羊のことに関心はなく、羊のことを心にかけていません。だから、狼など、猛獣が来て、危険が迫ると、羊のために命をかけることはありません。羊を見捨てて、逃げてしまいます。けれども、この良い羊飼いは、命をかけて羊を守るのです。そして、イエス様こそ、私たちを守り、支え、生かすために、ご自分から進んで、自分の命を捨ててくださったのです。

 復活されたイエス様は私たちの良い羊飼いとして、ご自分の羊である私たちのために十字架で命を捨ててくださいました。そして、復活し、私たちにご自分の命、新しい命を豊かに与え、私たちと共にいて、導いてくださっています。私たちのためにご自分の命を捨ててくださる主は、詩編23編にあるように、魂の安らぎの点でも、生きる人生の方向の点でも、最善の導きを与えて下さるお方です。そのような方がいつも私たちと共にいてくださり、私たちを導いて下さっているからこそ、「わたしは死の陰の谷を行く時も、災いを恐れない」と言うのです。

 信仰を持つという時に、大事なことは、キリスト教の知識や聖書の知識をたくさん持っているということではありません。羊飼いが自分の羊を知っているように、羊飼いであるイエス様に知られていることを知ることです。イエス様に全てを知られ、心にかけられ、愛されていること。そのイエス様がいつも共にいて、守ってくださり、最善へと導いてくださること。私たちはそのイエス様の羊であり、神のものであることを信じることです。このイエス様がどんな時も共にいてくださるから、人生を支えられ、生きていくことができるのです。