東京主僕教会の最近の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年4月22日礼拝説教要約

「わたしがあなたがたを愛したように」ヨハネ15・11-17

 

 三浦綾子さんの作品『塩狩峠』は、明治時代の北海道に生きる鉄道員の32歳の青年が主人公です。名寄駅から札幌に向かう列車が塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走を始めます。

  恐怖に怯える乗客のために、彼は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけますが、列車は止まらず、最後に意を決し、線路に身を投げて、自分の身体をブレーキにして列車を止めたのです。この作品から多くの人々が信仰へと導かれました。人生において本当に大切なものは何か。人生の意味は何か。この方の行動の動機となったものを見て、闇の中の光を見たのではないでしょうか。

 この方の行動は明らかにご自分を犠牲にして命を捨てて復活して救ってくださったイエス・キリストの愛に基づいています。「互いに愛し合いなさい」という言葉を聞く時、素晴しい教えである、ということに異論を唱える人はいないと思います。この聖書の「愛」という言葉は、もともとのギリシャ語ではアガペーという言葉です。恋愛感情や親子の愛情、友情など、人間の自然の情に基づく愛を指す言葉ではありません。一言でいえば「無私の愛」と呼ばれます。一方的に与える愛、報いを求めない愛、犠牲的愛、思いやる愛と言われる言葉です。

 しかし、自分の現実、社会、世界の現実を見つめる時、「互い愛し合う」ことが出来ず、むしろ対立し、憎しみ合い、傷つけ合い、赦せずに、殺してしまうことがたくさん起きていて、それができない現実があるのです。その教えを完全に守ることは不可能に思えるのです。けれども、イエス様はそのことを十分に承知の上で勧めておられるのです。それは、イエス様が喜びをもって私たちを愛して下さることによって、その愛の喜びが私たちの内にも満たされ、私たちを少しずつ愛の喜びに生きる者としてくださるからです。イエス様が私たちを愛し、その愛が先にあって、その愛が私たちに与えられて、私たちは互いに愛し合う愛を祈り願い求めながら、イエス様がその愛を少しずつ私たちに実現してくださるのです。

 イエス様は私たちを僕として従わせるのではなくて、一人の人間となってこの世に来て下さり、私たちの友となって愛して下さり、喜びをもって、私たちのために命を捨てて下さいました。そして、復活し、私たちを受け入れて、共にいてくださり、その愛に満ちたご自分の永遠の命を私たちに与えて下さっています。その命の中に、その愛に包まれて、私たちもイエス様の友として、私たちと世界に対する神さまの愛の御心を共に知ってイエス様と共に仕えて生きる喜びを与えられるのです。

 復活されたイエス様に、どんな自分であっても、それがそっくりそのまま受け入れられている、私自身も知らない私まで全てを知っていて、その上で私を愛し、受け入れて、神のものとしてくださっている。それが限りない平安を与え、生きている意味を与え、自由にされるのです。「私があなたがたを愛したように」。このイエス様の私たちに対する愛にいつもとどまっていくことが私たちを支え、生かし、新しく造りかえていくのです。

 この神の愛を分かち合いながら、神さまに愛することができるように祈り願いつつ、神さまの愛の働かれる器として共に歩んでいくところ、それが教会なのです。