東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年4月29日礼拝説教要約

アブラハムの祈り」創世記18・16-33

 

 「祈り」は信仰生活の中心であり、神を信頼して神と対話していくことだと言われてきました。初めは、誰もが「祈ろう」と思っても、何をどう祈ればよいのか分かりません。信仰生活が長い人も何をどう祈ればよいのか、わからなくなる時もあります。

  そんな時に読まれ、人々の祈りとなってきたのが聖書の祈りです。進路決定に迷う時、思わぬ病気をして入院してつらい日々を過ごす時、様々な試練の時、詩編をはじめとした聖書の様々な祈りが、言葉にならない自分の思いを代わりに語り出し、祈る言葉を与えてくれます。初めは借り物の祈りでよいのです。この聖書の祈りを少しずつ学び、それをまねて、自分に馴染ませ、自分のものにしながら、神に祈り、出会い、支えられ、力を与えられていくのです。

 この粘り強く祈るアブラハムの言葉には、祈りの大事な要素の一つ、執り成しの祈りがあります。アブラハムは神がソドムの町をその罪ゆえに滅ぼされようとしていることを知って、アブ何とかそれを避けようと祈っています。ソドムの町には性的な犯罪などが横行していたと言われていますが、それは一面にすぎません。これらの町は豊かな一方で、格差が広がって貧しい人たちが苦しんでいた状況があり、腐敗、格差、犯罪、そうした数多くの問題が起こっていました。それがソドムとゴモラの町の現実であり、私たちの現実の世界にも重なるのです。

 これに対するアブラハムの祈りの一つ目は、悪い者と正しい者とを分けず、一緒くたに裁いてしまうのは、あなたが大事にされている神の正義にかなわないのではないかということです。それは理解できることです。けれども、二つ目の祈りは不思議な言葉です。どんなに少なくても、正しい人がいるならば、その人々によって町全体が救われるべきではないですかと祈るのです。正しい者が祝福され、悪い者が滅ぼされるのが普通の感情かもしれません。そうではなく、少数でもその町に正しい人がいるなら、その正しい人々のために町全体が滅ぼされずに救われること、それが神の正義であると訴えるのです。

 神の正義、神の義は、罪人を裁く義ではなく、罪人を愛し赦す義であり、赦して悔い改めを待つ義である。このアブラハムの言葉を神はよしとして受け入れられました。このアブラハムの願い、神の願い、神の正義は一人の正しい人、イエス・キリストにおいて行われました。私たちもキリストにおいて、罪ある一人でありながら、赦され、永遠の命を与えられ、神の子・神のものとして、救われている一人一人です。神に愛され、神の義が行われている一人一人なのです。

 災害や病気、様々な出来事で「神はおられるのか」、「神は義なるお方なのか」、一体正義とは何かが分からなくなる時があります。けれども、そこで支えられ、生かされ、新しい道を拓かれるのは、このキリストにおいて私たちに行われている、この確かな神の正義、神の義があり、その神の義に立ち帰り、そこに立ち続けていくこと以外にはありません。私たちも神に愛され、選ばれ、主の思い・願いを知っている「キリストの友」とされて、「主の道を守り、主に従って正義を行う」ように招かれています。それは執り成しの祈りから始まるのです。