東京主僕教会の最近の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。なお、礼拝音声は諸事情により、しばらくの間おくことにしていますので、ご了承ください。

2024年5月26日礼拝

 

****礼拝情報は下記にあります****

 

【1】礼拝順序

   

神の招き

招きの言葉(起立)           詩編29編11節

讃 美 歌(起立)           66

罪の告白

罪の告白の祈り(起立)    交読詩編 詩編29編

主よ、あわれみを(起立) 21-32

恵みの言葉(起立)           ローマの信徒への手紙8章15-16節

神の言葉

聖霊の導きを求める祈り

聖書朗読            イザヤ書6章1-8節、 ローマの信徒への手紙8章12-17節

讃 美 歌(起立)      266

説   教                    「神の子とする霊」

感  謝

執り成しの祈り

讃 美 歌(起立)           21-346

信仰告白(起立)             使徒信条

奉   献

主の祈り(起立)

派遣と祝福

頌   栄(起立)           544

派遣の言葉(起立)

祝   福(起立)

後  奏

*健康上お立ちになりにくい方は着席のまま礼拝をお守り下さい。

 

【2】聖書朗読


イザヤ書6章1ー8節
1ウジヤ王が死んだ年のことである。 わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。衣の裾は神殿いっぱいに広がっていた。 2上の方にはセラフィムがいて、それぞれ六つの翼を持ち、二つをもって顔を覆い、二つをもって足を覆い、二つをもって飛び交っていた。 3彼らは互いに呼び交わし、唱えた。
「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。
主の栄光は、地をすべて覆う。」
4この呼び交わす声によって、神殿の入り口の敷居は揺れ動き、神殿は煙に満たされた。 5わたしは言った。
「災いだ。わたしは滅ぼされる。
わたしは汚れた唇の者。
汚れた唇の民の中に住む者。
しかも、わたしの目は
王なる万軍の主を仰ぎ見た。」
6するとセラフィムのひとりが、わたしのところに飛んで来た。その手には祭壇から火鋏で取った炭火があった。 7彼はわたしの口に火を触れさせて言った。
「見よ、これがあなたの唇に触れたので
あなたの咎は取り去られ、罪は赦された。」
8そのとき、わたしは主の御声を聞いた。
「誰を遣わすべきか。
誰が我々に代わって行くだろうか。」
わたしは言った。
「わたしがここにおります。
わたしを遣わしてください。」

*ローマの信徒への手紙8章12-17節
12それで、兄弟たち、わたしたちには一つの義務がありますが、それは、肉に従って生きなければならないという、肉に対する義務ではありません。 13肉に従って生きるなら、あなたがたは死にます。しかし、霊によって体の仕業を絶つならば、あなたがたは生きます。 14神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。 15あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、「アッバ、父よ」と呼ぶのです。 16この霊こそは、わたしたちが神の子供であることを、わたしたちの霊と一緒になって証ししてくださいます。 17もし子供であれば、相続人でもあります。神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです。

 

【3】説教

   今日の聖書の御言葉は、聖霊降臨日の礼拝の後の今日の三位一体の主日と呼ばれる礼拝で読まれる聖書の個所です。天に昇られた主イエスが遣わして下さる聖霊によって与えられている、父と子と聖霊の三位一体の神の恵みが覚えられてきました。ローマの信徒への手紙の8章で、パウロは私たちを導く聖霊の働きについて教えています。神の霊を受け、神の霊が内に宿ってくださり、神の霊によって導かれる者となっている。キリストに属する者、キリストによる救いにあずかり、キリストと結ばれて、復活のキリストの新しい命を生きる者とされている。そのように教えた後、神の霊によって導かれる者は神の子とされている、と教えています。

 ある新約学者は、この手紙を書いたパウロは、この個所を出エジプトをして、荒れ野をさまよい、約束の地に導かれていったイスラエルの人々の経験を念頭において語っていると言っています。エジプトから解放される時、ファラオに対して、神がこのように言うようにと言われた言葉に今日の御言葉と似た言葉があります。出エジプト記4章22節に「あなたはファラオに言うがよい。主はこう言われた。『イスラエルはわたしの子、わたしの長子である』」という言葉があります。ファラオから解放され、失敗や挫折を経ながら、長きにわたって荒れ野を放浪し、導かれていった人々を支えた言葉です。この言葉に支えられて、神が共にいてくださる、と雲の柱、火の柱に導かれて、歩んでいきました。神の霊によって私たちも主イエス・キリストに結ばれて、同じ神の子とされ、神に向かって「アッバ、父よ」と呼びかけて生きることができる。それが荒れ野のような現実に生きる私たちに聖霊によって与えられている救いなのです。

 「アッバ、父よ」という言葉はイエス様が福音書で父なる神に呼びかける時に使われたアラム語の言葉です。「アッバ」という言葉は子供が父親におとうちゃんと親しく呼び掛ける言葉ですが、それを主イエスは父なる神に用いました。当時のユダヤの人々には神を呼ぶ時の言葉としては考えられないものでした。使徒たちによってキリストの福音が伝えられていったのは当時のコイネーと呼ばれるギリシャ語の世界でしたが、この言葉はギリシャ語に訳されませんでした。主イエスの語られた言葉をそのまま用いているところに大きな意味があります。「アッバ、父よ」と祈られた主イエス・キリストを見なさい。そこにキリストに結ばれて、神の子とされている私たちの本当の姿がある。私たちもキリストに結ばれて、神の子とされ、主イエスと神の親と子の親しい関係に招き入れられているのです。

 信仰を持つと、神の奴隷となってしまい、厳しい戒めに縛られ、神の顔色をうかがってびくびく生きる、と誤解する人もいます。けれども、決してそうではありません。奴隷になるのではなくて、神の子とされるのです。信仰をもって生きるということは、神の子とされ、神に愛されている者として生きることです。主イエスを信じ、聖霊によって、主イエスに結ばれて、私たちは、神と御子イエス・キリストの親子の真実の愛の関係の中に招き入れられます。神が私たちの天の父となり、私たちを無条件で愛し、養い、守り、キリストと共に相続する、神の子としての命の完成へと導いて下さるお方として共にいてくださいます。

 15節の「アッバ、父よ」と「呼ぶ」のは、私たちではなく、私たちを執成す聖霊も一緒に呼んでくださるということです。この「呼ぶ」という言葉のもともとのギリシャ語の言葉は静かにささやくような言葉ではなく、カラスの鳴き声を表す擬音語であるという解説がありました。カラスの鳴き声は耳をつんざくように、周りの全ての音を押しのけ、力強く響いていく大きな大変な叫び声です。聖霊がなにものにも妨げることのできない強力な力で私たちが神の子であると叫び、証ししているのです。

 私たちは自分の力でどうにもならない出来事に直面する時があります。なぜ、自分にこのようなことが起こるのか、分からない時があります。けれども、今日の御言葉によれば、確かなことは、なぜ(Why)、という問いに対する答えが分からなくても、どこに(Where)、神はどこにおられるのか、その答えを知ることができます。聖霊によって、神がこの痛みと悲しみの中で共におられる。「もし」、神の「子供であれば、相続人でもあります。神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです」。私たちの弱さや混乱、疑いや孤独、苦しみのすべて受け止め、共に苦しんで、命へと導いてくださる。聖霊が疑いや苦しみなどの中で、神の子とされている恵みを見出すことができるように導いてくださるということです。奴隷のようにビクビクと恐れながら生きるのではなく、その神の父としての真実な愛の下で、父である神を信頼し、安心して、神を仰ぎ見て生きることが出来るようになるのです。

 ヘンリ・ナウエンというカトリック教会の牧会学の先生の『死を友として生きる』という本の中で、死の準備として強調している一つのことは、この個所をあげながら、私たちは神の子である、ということです。交通事故に遭い、大変な手術を受けて、無力な赤ん坊のようになり、周りの人に自分の身を任せるほかない状況になった時、この自分の経験を通して、この神の子としてしっかりと神の御手に抱かれているということに導かれ、力と勇気を与えられたというのです。神の子としてしっかりと神の御手に抱かれている。この神に神の子として信頼していく時、死を大きな生、神の命の交わりの中に位置づけてくれる。神がしっかりと抱きしめてくださることを確信する時、そこから勇気と力を与えられる。何が起ころうとも、なにものも恐れることなく、大きな信頼をもって人生を生きることができる。どんなものも本当に力を振るうことはできない、何ものも奪うことのできない神の子どもとしての自由を見出し、神の子として恐れることなく生きることができるのです。

 三位一体の神を覚える主日は自分の人生の物語をキリストに結ばれた神の子として神の救いの物語につなげていく時です。イエス・キリスト聖霊と父なる神の救いの物語を私たちの物語の一部としていく時です。そこからこれからの荒野を生きるための力と勇気を与えられていくのです。

 

【4】説教後の祈り

 私たちに御子イエス・キリストによる救いの恵みを与え、聖霊の交わりの中に置き、神の子としてあなたの大きな愛のなかに捉えて下さっている父なる神さま。様々な恐れと不安の中にありますが、どうか、あなたの三位一体の神の御手の中にとらえられている神の子であることを信じて、あなたの恵みを見出し、あなたの愛をこの世界に取り次いでいくことができますように教会と私たちを導いてください。

 あなたは今もこの世界に愛と喜びをもって神の子として生きるものに導くために三位一体の祝福の御業をもって生きて働いておられます。しかし、この世界に人を奴隷としておとし入れる様々な霊の力が働き、今なお地上は闇でおおわれています。   恐れの闇があり、戦争、暴力、破壊の恐怖があり、愛の欠け、死の恐れがあります。どうか、全ての人々を恐れから解放し、愛と喜びと自由をもって生きることができますように導いてください。絶望の中にある人々に希望をお与えください。環境危機がもたらす課題に対して、世界の人々も私たちもよりよく対処していくことができますように。戦争が続いている場所にあって、平和と和解が実現しますように、苦しむ全ての人々を助けてください。あなたが聖霊を通して共にいてくださる恵みを全ての人々が知ることができますように。

 そのために全ての教会、私たちの教会がどんな時も、主が共にてくださり、共に歩んでくださっていることを信じ、あなたの愛を証ししていくことができますように、そのために道を示し、支え、用いてください。

 この時、顔を思い浮かべることのできる、心と体に痛みをもつ方々に、疲れを覚えている方々に、あなたの慰めと癒しをお与えください。弱さの中にあって、あなたの恵みが強く、あなたにあっていかなることも空しくないことを信じさせて下さい。どうか、心に覚えるすべての人々を祝福して下さい。この礼拝を覚えながら、様々な事情で来ることのできなかった方々を祝福し、顧みて下さい。そして、ここにおられる全ての人々の心身を守り、支えてください。今私たちの心の中にある全ての祈りを顧みてくださり、どうか憐れんでください。

 この祈りを世の終わりまで私たちと共にいてくださる主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 

2024年5月12日礼拝

 

****礼拝情報は下記にあります****

 

【1】礼拝順序

 

   

神の招き

招きの言葉(起立)           ルカによる福音書24章50-51節

讃 美 歌(起立)           2

罪の告白

罪の告白の祈り(起立)    交読詩編 詩編93編

主よ、あわれみを(起立) 21-32

恵みの言葉(起立)           ヨハネによる福音書3章16節

神の言葉

聖霊の導きを求める祈り

聖書朗読            出エジプト記24章15-18節(旧134㌻)

                     使徒言行録1章6-11節(新213㌻)

讃 美 歌(起立)      158

説   教                    「イエスの昇天」

感  謝

執り成しの祈り

讃 美 歌(起立)           159

信仰告白(起立)             使徒信条

奉   献

主の祈り(起立)

派遣と祝福

頌   栄(起立)           542

派遣の言葉(起立)

祝   福(起立)

後  奏

 

【2】聖書朗読

出エジプト記24章15-18節
15モーセが山に登って行くと、雲は山を覆った。 16主の栄光がシナイ山の上にとどまり、雲は六日の間、山を覆っていた。七日目に、主は雲の中からモーセに呼びかけられた。 17主の栄光はイスラエルの人々の目には、山の頂で燃える火のように見えた。 18モーセは雲の中に入って行き、山に登った。モーセは四十日四十夜山にいた。

使徒言行録1章6-11節
6さて、使徒たちは集まって、「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」と尋ねた。 7イエスは言われた。「父が御自分の権威をもってお定めになった時や時期は、あなたがたの知るところではない。 8あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」 9こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。 10イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。すると、白い服を着た二人の人がそばに立って、 11言った。「ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」

 

【3】説教

   今朝の礼拝は教会の暦では主イエスが神の右の座である天に昇られたことを記念する礼拝です。1章3節によると、復活された主イエスは40日間にわたって、弟子たちに現れ、御言葉を語り、「神の国について」教えられています。使徒言行録はこの後、2章でペンテコステ聖霊がくだり、福音を伝えていく教会の歩みが始まります。それに先立つ1章の個所は、福音を伝えていくための準備の時でもあります。その準備の時、弟子たちは復活された主イエスに招かれ、主に祈り、御言葉に聞き、共に食事をする。その礼拝が、神の恵みを見出し、生かされていく弟子たちの歩みの始まりでした。私たちも復活の主に招かれ、御言葉を通して、神の国、神の御支配を告げられている礼拝をささげています。この礼拝が新しい歩みの始まりなのです。聖霊に導かれ、日々の生活のなかで共に生きておられる神の恵みを見出していく。神に仕える者として豊かに用いられていく。そのために礼拝が必要なのです。

 今日の聖書の個所は、礼拝という時に大事なことを幾つか読むことができます。主イエス神の国について教えられたとき、弟子たちは、イエスがこの神の国の成就の時が訪れようとしていると思いました。「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか」。弟子たちは、主イエスとともに旅をした3年間、主イエスの教えをしばしば誤解しました。弟子たちにとって、神の国という概念は、その考え方に深く根付いていました。長年、ユダヤ人の期待は、メシアが来て神の国を地上に樹立するというものでした。そのようにして、旧約聖書預言者たちのメシアの約束が成就すると考えていたのです。主イエスの時代も、ユダヤの民はローマの支配下にあり、やがて自分たちの国が解放されるという希望を抱いて生きていました。死の力を打ち破って復活された主が神の国について教えられた時、弟子たちがこれまでと同じように、再び誤解したとしても不思議なことではありません。けれども、主イエスは「その時、その時期はあなたがたの知るところではない」、神のみが知っていると答えられます。弟子たちも、私たちも、神ではありません。そのことが礼拝において知っていく大事なことなのです。

 神から大事な私たちも主に招かれている礼拝において、神を崇め、神を賛美することから、自分は神ではないことを知らされます。あくまでも神に造られた被造物であり、儚い存在であり、死すべき存在であることを知らされます。聖なる神、愛に満ちた神に比べるなら、自分は本当に罪深い者であることを知らされます。けれども、そのようなものが神に愛されていること、その神の御自分を犠牲にする愛によって赦されていること、イエス・キリストに結ばれて、神の子とされていること、神に仕えていく僕とされていることを知るのです。本当の自分は何者なのか。そのことを、神を崇め、礼拝していくことから知らされていくのです。人は誰であっても、何かを大切にし、究極的に何かを尊重し、大事にしています。その神のように崇め、大事にしていくことが、その人をそのように変えていくのです。何を崇め、何を礼拝するのか。そのことが人生を左右する大きな問題なのです。神に愛されているものとして、神の愛を分かち合い、神を大切にして、人を大切にして生きる。このように生きられた御子イエス・キリストを主として崇めていくことが豊かな人生を生きるために必要なのです。

 主イエスは、今日の個所でも、ご自分の周りに集まり、礼拝する弟子たちに、弟子たちは何者なのか、を告げられます。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。使徒言行録では「証人」という言葉が、13回出てきます。証人とは言葉や行いで現したり、伝えたり、指し示したりすることです。私たちがなぜ、生きているのか。何のために生きているのか。十字架で死なれ、復活された主を指し示し、証しするためです。言葉や行いや生き方、自分では気づかない様々な仕方で、十字架で死なれ、復活された主を証しする。

 考えてみると、弟子たちは主イエスが十字架につけられた時、主イエスを否定し、逃げ去っていった弟子達です。しかし、その弟子たちを愛し、赦し、主に仕えるものとして用いられるのです。私たちが遣わされていくところ、すでにそこに神が生きて働いておられます。どんなに弱さの中にあっても、無力な自分に思えても、その自分、無力な者、弱い者、小さきものを愛し、用いてくださる主の御支配が訪れています。神の国、神の御支配が私たちに訪れています。私たちは主イエス・キリストに結ばれて、神が共にいまし、働いてくださる神の神殿とされているのです。私たちも様々な仕方で、復活の主を示し、主に仕える僕として、日々の生活の中で聖霊を通して用いてくださいます。そのことへ導かれるのが礼拝なのです。

 私たちが復活の主を証しする僕として形作られていくのが礼拝であり、礼拝こそ、復活の主を証しします。礼拝学の先生が書いている文章にこのようなことが書かれていました。以前、ある教会でこんな質問を受けたことがあります。「私たちの教会は高齢者がほとんどです。人数も少ないです。地域の伝道といっても特別なことはできません。こういう状況でいったいどんなことをしたらいいのでしょう」。私はこんなふうに答えました。「皆さんが毎週この教会に集まって礼拝を守っていること、それ自体が大切な宣教の働きだと思います。それがまず何よりも基本的な信仰の証しになると思います」。日曜日ごとにそこに集まってくる不思議な人々がいる。礼拝という不思議な営みを守り続ける人々がいる。この不思議な人々の不思議な行動こそ、キリスト教会をこの世に証ししてきた第一義的なことがらであり、礼拝を行うことこそ証しなのです。そのことも覚えたいと思います。

 礼拝で天にあげられた主を仰いでいく時、私たちには慰めがあります。弟子たちは復活された主が神の右の座に昇られた天を見上げ、立っていました。天を仰いだ時、与えられた僕の働きに驚いたのかもしれません。けれども、自分の過ちも罪も弱さも悩みも全てを知っている主が神の右の座に座っておられる。その方が全てを知って、責任を負って導いてくださる。そこに慰めを得ることができます。次から次に問題が起こる時、途方に暮れたり、目の前の課題に圧倒されていく。しかし目を上げて、この天に昇られた主を信じる時、私たちを創造し、贖い、支えてくださっている神がおられる。この主が全てに責任を負って、愛し、導いて、共に生きて働いてくださる。私たちもこのことを慰めとして、聖霊の働きを祈りつつ、主の僕として、聖霊降臨日の礼拝を迎えていきたいと思います。

 

【4】説教後の祈り

 あなたは今朝、御言葉を与えて下さいましたことを感謝します。あなたは私たちのために御子イエス・キリストを遣わし、昇天に至る、その全ての御業を通して、わたしたちのものをご自分のものとし、あなたのものを私たちのものとして下さり、今も聖霊を通して導いて下さることを感謝します。日々の歩みの中でキリストを見上げつつ、慰めと希望を与えられていくことができますように。

 御子イエス・キリストの父なる神さま。復活し、天に昇られた御子イエス・キリストは様々な束縛の中に生きる者に聖霊を遣わし、解放し、自由にして下さいます。私たちは今朝、この世界の苦しむ人々のために祈ります。世界は様々な苦しみ、不安と恐れに包まれています。絶望と悲しみ、悩みが覆っています。多くの人が生き辛さを抱えています。苦しむ人々にあなたの恵みを表し、助けをお与え下さい。不義を行う暴虐な力を砕き、苦しむ人々を解放して下さい。義に飢え渇く人たちの渇きをとどめて下さい。全ての渇いた心、飢えた心を満たして下さい。悲しみの中にある人々を慰め、力を与えて下さい。欠乏を覚える人々を満たして下さい。どうか、全ての人々があなたの愛に満たされ憎しみや全ての隔たりが取り去られ、互いを受け入れ、互いに仕え合い、愛において一つとなることができますように。特に政治を司る人々を導いて下さい。この世界に生きて働いておられるあなたを証しし、あなたに仕える全ての教会、わたしたちをあなたが支え、強め、御業のために用いて下さい。キリストの証人として豊かに用いられ、あなたの栄光が現わされますように。

 わたしたちは今朝、心と体に痛みをもつ方々を覚えて祈ります。どうかあなたの慰めと癒しを与え、苦しみのなかにある方々に勇気と希望をお与え下さい。弱さの中にあって、あなたの恵みが強く、あなたにあっていかなることも空しくないことを信じさせて下さい。忙しさと疲れの中にある方々を支え、癒して下さい。どんな時もあなたが近くいて下さり、支えてください。

 この礼拝を覚えながら、様々な事情で来ることのできなかった方々を祝福し、顧みて下さい。今ここにおられる人々、場所は違っても共に礼拝する人々、心に覚えるすべての人々を祝福の内に導いて下さい。今私たちの心の中にある全ての祈りを顧み、憐れんでください。この祈りを世の終わりまで私たちに近くいまし、共にいてくださる主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン