東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年7月15日礼拝説教要約

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10

 

 「わたしは弱い時にこそ強い」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。人より強ければ、勝つことで喜びと栄誉を手にできますが、弱い者は負けると恥ずかしさを味わい、屈辱さえ感じます。弱さは人には見せたくない。強さが誇りとなります。しかし、パウロは「自分の弱さを誇ろう」と重ねて強調します。どうして、弱さを誇り、喜ぶことができるのでしょう。

続きを読む
広告を非表示にする

2018年7月15日礼拝説教

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10    

 

   先ほど読んだ聖書のコリントの信徒への手紙のみ言葉の最後に不思議な言葉があります。「わたしは弱い時にこそ強いからです」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。

続きを読む
広告を非表示にする

2018年7月8日礼拝説教要約

「神の豊かさに生きる」コリント二 8:7-15

 この世の中には、自然の恵み、人の恵み、地の恵みなど、様々な恵みをあげることができるかもしれません。けれども、人生の歩みのなかで、恵みが分からなくなることがあるのです。病気や事故、事件、自然の災害など、生活の中からすべての恵みが突然奪い去られる経験をすることがあります。恵みなど一体どこにあるのか、どこにも見られないではないか、そう思いたくなる暗い経験をするのです。

続きを読む
広告を非表示にする