東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年8月13日主日礼拝説教要約

「主の言葉が燃え上がる」エレミヤ20・7-9(13)

 

 8月は戦争と平和について考えざるを得ません。どうして戦争が起こるのか。その一つは憎しみの連鎖、復讐の応酬によって争い、戦争が起きるということです。人間は復讐と仕返しを求める生き物なのです。エレミヤ書20章12節「わたしに見させてください。あなたが彼らに復讐されるのを」。預言者自身も復讐、仕返しをしたいという思いを持たざるを得ませんでした。

続きを読む
広告を非表示にする

2017年8月13日主日礼拝説教

「主の言葉が燃え上がる」エレミヤ20・7-9(13)     

          

 先日の日曜日の8月6日は72年前、広島に原爆が落とされた日であり、11日は長崎に原爆が落とされた日でした。そして15日には終戦記念日を迎えます。そして今、戦争の危機的な状況に包まれています。8月は戦争と平和について考えざるを得ません。どうして戦争が起こるのか。経済的な問題も絡む複雑な問題ですが、

続きを読む
広告を非表示にする

2017年8月6日礼拝説教要約

「生ける水の源」エレミヤ2・4-13

  

 13節の「こわれた水溜めを掘っている」という言葉は場所や時代をこえて、人生の歩み、生き方を見つめ直す視点を与えてきました。今、こわれた水溜めを掘っているように生きていないか、と。自分は、こわれた水溜めを掘っているのではないかと思える時があるのです。聖書は歴史を貫く神の真実を語り、そして歴史を貫く人間の真実を語ります。

続きを読む
広告を非表示にする