読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年4月2日礼拝説教

「神が涙を流される時」ヨハネ11・28-44    

 

 今朝の礼拝の招きの言葉の聖書の御言葉は、今日の聖書朗読で読んだ聖書の箇所の直前でイエス様が語られた御言葉です。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」(25、26節)。

続きを読む
広告を非表示にする

2017年3月26日礼拝説教要約

「神の業が現れる」ヨハネ9・1-12  

 

 生まれつき目の見えなかった人は、目が見えないために、人から見捨てられ、仕事が与えられず、物乞いをして生きていました。この時、この人はイエス様が通っても何も願ってはいません。それ程、自分の目が見えるようになるとは考えられず、自分の人生に希望を見出せず、過ごしていたのかもしれません。

続きを読む
広告を非表示にする

2017年3月26日礼拝説教

「神の業が現れる」ヨハネ9・1-12      

 

 先週、教会の何人かの方々が練馬で上映されていた「母-小林多喜二の母の物語」という映画を見に行かれました。多喜二の母セキさんは晩年、小樽シオン教会に通い、葬儀も行われたということで、その礼拝堂での撮影は札幌シオン教会の方や札幌近辺の教会の方々が集まって行われたということです。

続きを読む
広告を非表示にする