読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2017年5月7日礼拝説教

「良い羊飼い」ヨハネ10・1-10   

 

 今朝の礼拝では教会の暦に従って、復活節のこの日曜日に読まれる聖書の箇所を読みました。この日の礼拝では復活されたイエス様が羊飼いのように私たちと共にいてくださり導いてくださることが覚えられています。

続きを読む
広告を非表示にする

2017年4月30日主日礼拝説教要約

「復活の主の愛に生かされて」ヨハネ21・1-19

 

 

 弟子たちはガリラヤへ行っても、復活された主に会えず、意気消沈し、とりあえず、かつてそれで長年生計をたててきた漁師としての自分の経験を活かし、一度は捨てたはずの網を手にして、出て行って、船に乗り込んで、漁を始めたのです。けれども、漁師としての長年の経験、知恵を総動員、駆使して、見込みを持ち、全力で漁をして何も取れなかったのです。

続きを読む
広告を非表示にする

2017年4月30日礼拝説教

「復活の主の愛に生かされて」ヨハネ21・1-19    

 

 今朝のヨハネによる福音書は直前の箇所を見ると、それで終わってもよいかのように思えます。「20:31 しかし、これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエスの名によって命を得るためである」。ここで終わっても不思議ではないのです。しかし、そうではなく、その後に21章が続いていくのは、その後、復活の主によって弟子たちがどのように日常の歩みの中で命を得て歩んでいったのか、どのように人生が変えられたのか、その大切な物語があるからです。それは、また、いかに私たちが復活の主に出会い、人生を変えられていくのか、豊かな命を生きる人生に変えられていくのか、私たちの人生の物語でもあるからです。

続きを読む
広告を非表示にする