東京主僕教会の最近一か月の説教など

礼拝に来ることができなかった方、教会に関心のある方のために牧師が作成しています。どうぞ、礼拝にも来てみてください。

2018年7月15日礼拝説教要約

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10 「わたしは弱い時にこそ強い」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。人より強ければ、勝つことで喜びと栄誉を手にできますが、弱い者は負けると恥ずかしさを味わい、屈辱さえ感じます。…

2018年7月15日礼拝説教

「弱い時にこそ強い」コリント二 12:1-10 先ほど読んだ聖書のコリントの信徒への手紙のみ言葉の最後に不思議な言葉があります。「わたしは弱い時にこそ強いからです」。一般的に世の中では強いことが良いと見なされていると思います。

2018年7月8日礼拝説教要約

「神の豊かさに生きる」コリント二 8:7-15 この世の中には、自然の恵み、人の恵み、地の恵みなど、様々な恵みをあげることができるかもしれません。けれども、人生の歩みのなかで、恵みが分からなくなることがあるのです。病気や事故、事件、自然の災害など…

2018年7月8日礼拝説教

「神の豊かさに生きる」コリント二 8:7-15 今日の聖書のみ言葉に「恵み」という言葉がでてきます。私たちの人生には与えられている様々な「恵み」と呼ばれるものがあります。天の恵み、地の恵み、自然の恵み、太陽の恵みや雨の恵み。あるいは、他にも…

2018年7月1日礼拝説教要約

「パウロの逆転の発想」コリント二 6:1-13 聖書には発想の逆転が満ちています。そこからポジティブに物事を見て生きていく思考が溢れています。それがキリスト教信仰の一つの特徴でもあります。この手紙を書いたパウロという人も発想の逆転をもって生涯を歩…

2018年7月1日礼拝説教

「パウロの逆転の発想」コリント二 6:1-13 ワールド・カップのサッカーが行われて話題になっていますが、「逆転の発想」、「発想の逆転」という言葉をサッカー選手の口から少なからず聞いた時があります。「逆転の発想」という言葉はテレビでもよく耳…

2018年6月24日礼拝説教要約

「人生の原点」ヨナ2:1-11 ヨナはかつてユダヤの地方の北部を滅ぼしたアッシリア帝国の首都「ニネべに行くように」と神に言われると、この神に背き、逃亡していきます。船に乗り込み、嵐になると、海の中に投げ込まれ、深い海に沈んでいきます。ヨナはひた…

2018年6月24日礼拝説教

「人生の原点」ヨナ書2章1-11節 先ほど読んだ旧約聖書にはユダヤ民族に重点をおいた歴史が描かれています。ともすれば、ユダヤは善であり、他の民族は悪のように、神の敵のように見られるかもしれません。けれども、決して神の敵ではありません。旧約聖書に…

2018年6月17日礼拝説教要約

「だから、今日希望がある」コリント二5:1-10「だから、今日希望がある」という歌があります。この歌はアルゼンチンで、1976年から1983年の間、独裁政権のもとで子どもたちが失踪し、相次いで行方不明となっていく不安、絶望的な状況の中で、1979年に作られ…

2018年6月17日礼拝説教

「だから、今日希望がある」コリント二5:1-10 今日の説教題となっている「だから、今日希望がある」という歌があります。2011年9月に比較的最近の南米の新しい賛美歌が紹介されたCDが発売されましたが、その中の一曲が「だから、今日希望がある」という曲で…

2018年6月10日礼拝説教要約

「日々新たにされて」コリント二4:16-18 パウロは、4章1節と16節で「落胆しません」と繰り返して語っています。そのように繰り返し自分に言い聞かせ、人々に語るほどに、パウロの人生には、落胆してしまう様々な出来事がたくさん起こっていました。

2018年6月10日礼拝説教

「日々新たにされて」コリント二4:16-18 「この国には何でもある。本当にいろいろなものがある。だが希望だけがない」。2002年に出版され、今もなお読まれている村上龍という方の『希望の国のエクソダス』という小説のなかの有名な印象的な言葉です。

2018年6月3日礼拝説教要約

「土の器の中の宝」コリント二4:7-15 先日のある新聞で棋士の加藤一二三さんが『レ・ミゼラブル』を紹介する記事があり、その小説にあらわれる憐れみや慈しみに感銘を受けたという記事がありました。

2018年6月3日礼拝説教

「土の器の中の宝」コリント二4:7-15 先日、ある新聞で将棋の棋士の加藤一二三(ひふみ)さんという方がヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』について「良い人間とは」という題で紹介されている文章を読みました。

教会案内

2018年5月27日春の特別礼拝のご案内

2018年5月20日聖霊降臨日礼拝説教要約

「神に執り成してくださる聖霊」ローマ8:18-27 ペンテコステに弟子たちに送られた聖霊が今私たちにも送られて、聖霊を受けているということはどういうことでしょうか。この箇所に繰り返し「うめき」という言葉がでてきます。神さまによって造られた自…

2018年5月20日聖霊降臨日礼拝説教

「神に執り成してくださる聖霊」ローマ8:18-27 「絆」という言葉があります。東日本大震災から、この言葉は私たちの心の中に大切な言葉として刻まれてきました。この「絆」という言葉は、昔は牛や馬をつないでおくための「綱」を指す言葉でした。

2018年5月13日礼拝説教要約

「悪い者から守ってくださるように」ヨハネ17:11-19 ドイツの有名な画家アルブレヒト・デューラーの「祈りの手」という作品があります。両手を合わせた手首だけの絵ですが、このような逸話があります。デューラーは若い頃大変貧乏で、友人と二人で絵の修業…

2018年5月13日礼拝説教

「悪い者から守ってくださるように」ヨハネ17:11-19 2018年5月13日 私の父親は牧師で既に召されていますが、教会の礼拝に通うきっかけとなったのは一通の葉書だったと聞いています。高校の終わり、何かの病気になり長期間安静にせざるを得ない時、

2018年5月6日礼拝説教要約

「モーセの祈り」民数記14・11-19 民数記には映画の「十戒」でもおなじみの「モーセ」が登場します。しかし、決して悩みや苦しみがなかった人ではありません。モーセは「真ん中の人」と呼ばれることがあります。

2018年5月6日礼拝説教

「モーセの祈り」 民数記14章11~19節 先ほど読んだ民数記には映画の「十戒」でもおなじみの「モーセ」が登場します。モーセはイスラエル民族、ヘブライ人の家に生まれながら、エジプト王ファラオの命令によってナイル川の葦の中に捨て置かれてしまいます。

2018年4月29日礼拝説教要約

「アブラハムの祈り」創世記18・16-33 「祈り」は信仰生活の中心であり、神を信頼して神と対話していくことだと言われてきました。初めは、誰もが「祈ろう」と思っても、何をどう祈ればよいのか分かりません。信仰生活が長い人も何をどう祈ればよいの…

2018年4月29日礼拝説教

「アブラハムの祈り」 創世記18章16-33節 教会では今年1年の大きなテーマを「祈り」としていますが、4月からは礼拝でも月に一度は旧約聖書の信仰者の祈りから学んでいきます。礼拝でも何度も祈りますが、祈りは信仰生活の中心であり、祈りとは神を信頼し…

2018年4月22日礼拝説教要約

「わたしがあなたがたを愛したように」ヨハネ15・11-17 三浦綾子さんの作品『塩狩峠』は、明治時代の北海道に生きる鉄道員の32歳の青年が主人公です。名寄駅から札幌に向かう列車が塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走を始めます。

2018年4月22日礼拝説教

「わたしがあなたがたを愛したように」ヨハネ15・11-17 クリスチャンの三浦綾子さんの作品に『塩狩峠』という作品があります。明治時代の北海道で起きた実話をもとにしたもので映画にもなり、ご存知の方々も多いと思います。主人公の32歳の男性の青年は鉄…

2018年4月15日礼拝説教要約

「命を豊かに受けるために」ヨハネ10・11-18 先日、テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」や映画「火垂(ほた)るの墓」などを手がけたアニメ監督で知られている高畑勲さんが逝去されたニュースがありました。この高畑監督の作品には、丁寧な生活描…

2018年4月15日礼拝説教

「命を豊かに受けるために」ヨハネ10・11-18 先日、アニメ監督で知られている高畑勲さんが逝去されたニュースがありました。テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」や映画「火垂(ほた)るの墓」などを手がけ、宮崎監督と共に「スタジオジブリ」を設立した…

2018年4月8日礼拝説教要約

「あなたがたに平和があるように」ヨハネ20・19-23 C.S.ルイスが書いた『ナルニア国物語』の「ライオンと魔女」に王のアスランというライオンが登場します。

2018年4月8日礼拝説教

「あなたがたに平和があるように」ヨハネ20・19-23 今朝、読んでいただいたヨハネによる福音書には復活されたイエス様と弟子たちの出会いが記されています。この箇所を読む時にどうしても思いだすのが、イギリスの作家C.S.ルイスが書いた『ナルニア国物語』…